FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#956 憎悪

闘走記
  • comment0
  • trackback0
ここ最近で一番の悲劇が起きた。
この二ヶ月間、ずっと愛用してきた、ロードバイクが、今日、盗まれた。
中村橋の稽古場の駐輪場の柱に、しっかりくくりつけて鍵をかけたはずなのに。
鍵を断ち切って、盗んだようだ。
一生懸命バイトをして、お金の計算をして、貯金して、
ようやく買った念願のロードバイクだったのに。
ビンディングペダルにしようと思って、またお金ためようとしてたのに。
パンク修理できるようになろうと思ってたのに。
警察に届けを出したら、値段とか時価とか、そういうことばかり話す。
「我々警察がしっかり捜して見つけます」と、
おざなりな慰めを言う。
深夜に防犯登録の確認をするだけじゃ意味がないだろう。
きっとそんなに深く考えていないからだ。
だから、時価とかそういう、数字のことでしか物事を話せないんだろう。
僕が警察に訴えたいのは値段じゃないんだよ!
なんでそれを分かってくれないんだよ。
人殺しがいけないのと一緒なように、自転車の盗難だって、ひとつの罪なのだと、なんで分からないのかな。
殺人でも盗難でも、罪という事実は変わらない。
金で買えるものか、買えないものかで罪の大きさは決まるけれど、
どちらにせよ、人のものを奪うという行為は絶対にしてはいけない。
盗んだ人は、
僕がどのような気持ちで、この二ヶ月間、ロードバイクと過ごしてきたか知らない。
きっと頭の片隅にさえ置いてないだろう。
人の自転車を奪うことは、その人の自転車に対する気持ちも奪うということなのだということを、盗んだ人は知ることはない。
僕が抱いていたロードバイク対する想いは、お金では取り戻せない。
許せない行為だ。
死ぬまで僕は盗んだ人を許さないだろう。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply