FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#942 ダークナイト(2008 アメリカ 152分 8/13 新宿バルト9にて)

映画
  • comment0
  • trackback0
ダークナイト
・アーロン・エッカートが出ているのと、どこでも評価が高いのとで、
「バットマン ビギンズ」未見のくせに観てきましたが、激ヤバですね、この映画。
152分が、あっという間でした。

・「バットマン」をタイトルから外している事実以上に、バットマンを食っている脇の人物のアクの強さ。
ヒーローがかっこいいのは悪役がいいから、というのはよく聞きますが、これはそれをはるかに凌駕する悪役の強さ。もはや、悪役のための映画です。

・ここまでアメリカ社会の時代性を活かしたヒーロー映画ってないよね。正義の意義を根底から問うてるもの。
誰もが偽りの正義にだまされている中で、ジョーカーやバットマンはその中の真実を暴いている。
それにもっとも影響を受けたのがハービー・デントなわけで……。
こんなにも人間の表と裏を上手く表現されたら太刀打ちできないよ、他のヒーロー映画。

・逆に言えば、今だからこそ受ける傑作であり、
もしかしたら、後世まで語り継がれる傑作というわけではないのかもしれないけれど。
それでも、すごい映画であることに変わりはありませんね。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply