FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR♯85 ~塾の合宿に行ってきました~

フリートーク
  • comment2
  • trackback0
すっかり疲れてしまい、今日その模様をお伝えすることになりました。


まずは25日の話。
9時くらいにお世話になった塾に集合。いや、ここに来たのは大学合格の報告以来かな。そこにはもう二台バスが待機していて、小学生組のバスと、中学生組のバスがあったのですが、僕は先生の言いつけにより、後者に乗りました。自己紹介はすごく時間とって10分くらい僕の生きてきた人生(ウザイ)や、大学に入るまでとか(現実的過ぎて暗い)、大学につきあってる恋人はいるのかとか(いない)、今の大学の良いところについて熱く語りました。僕の通ってる大学に行ってみたいと考えてる中学生もいて、嬉しかったですね。

当日は雨の心配があったということで、予定していた山登りは止め、温泉&温水プールに行きました。
まずは温水プールに行って一通り泳いで来たのですが、平泳ぎをいくらやっても、最終的に犬掻きになってしまう、あの空しさといったらないですね~。いつのまにこんなに泳げなくなってしまったのでしょう。他の下級生たちはやっぱり現役で泳いでるだけあって、みんなキレイに泳いでましたね。
しょうがないので水着の女の子でも見よう下級生たちの安全を見守っていようと思っていたのですが、僕はもともと目が悪いので、誰が誰なのかも、女の子か男の子かもわからない。改めて視力の悪さを憎んでしまいました。
温水プールのあと、みんなで温泉につかり、あがって珈琲牛乳をぐいぃーっと飲み干したあとは、睡眠不足か運動したからか、休憩時間をスヤスヤ眠って過ごしてしまいました。下級生に珈琲牛乳を隠されたり、水着を隠されたり、寝顔を撮られたりで、こいつら蹴ってやろうかと思った下級生と仲良くなれたひと時でした。

そのあとはユースホステルに直行したんですが、そのバスの中でも下級生たちとの話は尽きず。僕と同じく合宿の手伝いにきた高校のヤロー共と下ネタを話したり、先生がどういう音楽を取り込んで人生を生きたか聞いたり、中学1年の女子と恋について熱く語りあったりね。
いやー今時の中学生はすごいです。中1なのに元カレの話してましたからね。え、僕、もうすぐハタチなのに、元カノなんていませんが。でもその子、可愛いけれど、今までに10人以上告白をしてきたらしく、僕が思う限り、その子は恋をしようとしてしてるんではないかと。それは恋ではないんじゃないのかと。想いは秘めるものではないのかと、まるで星野仙一が野球を語るように熱く語ってみたのですが、かるーくあしらわれ、「もうコイツに話しても意味ないわー」みたいな感じでオレンジレンジとかNEWSの話題にされてしまいました。そりゃそうですわ。恋に関してはあっちのほうが一枚上手だもの。今はNEWSが中学生のアイドルなのですね。僕はキンキキッズ世代なのです。曲もNEWSよりもキンキのやつが好きですね。あまり関係ない話ですみません。

久々のユースホステル到着。夕食まで楽しい自由時間を過ごしました。っといっても、ゆっくりソファーに座っていただけなのですが、小学生、中学生は素晴らしくはしゃいでましたね。でも貸切なので問題ナッシング。
洗面所に行って、顔洗ったりなんかしたんですが、長野の山の水道はととってもつめたくて気持ちよかったですね。飲んでもおいしかった。うちの地域もおいしいといっちゃおいしいですが、うちの地域だけの地下水から、県水を入れてしまったので、昔よりおいしくなくなってしまってるんです。体の60%を占める水分なのだから、いいものを取り込みたいものです。

夕食はすごくおいしかった。あれは健康的です。野菜が多くて最高。僕と一緒に夕飯を食べたメンバーはみんなトマトが嫌いで、全員からトマトを頂戴し、トマトをおかずに白いご飯食ってました。トマトほど美味しい野菜はないですよ。ね、ね。
夕食後はまたもやゆっくり過ごしたあと、夏合宿恒例の花火大会に突入。しかしながら風が少なく、煙がこもってしまい、おかげでなかなかみんなを見守ることができず大変でした。
バケツを持ってきたり、みんなに火をつけることをしたり。小学生相手に線香花火を担当したんですが、線香花火を独り占めしようとしたり、10本の線香花火にまとめて火をつけてでっかい球ができるか試したりしようとするバカ子もいて、「一本ずつやろうね」とか言ったり、「並んで並んで~」とか叫んでみても、聞くやつ一人もおらず。ワラワラと集まってくる小学生たちにこてんぱんにやられました。
う~ん、線香花火って、一本ずつやるからステキなのではないかな?あの儚さがたまらないんであって。

小、中学生が全員風呂に入るまで、高校、大学生、先生はまたまた自由時間。
僕がやったこと。小説を読む。こういう心地よいところで読む小説はたまらないですね。読んでいたのは今話題の藤沢周平の作品。「たそがれ清兵衛」を読んでました。
ユースホステルには他にもいろんな本があり、司馬遼太郎の小説を中心にいろいろ本があったのですが、小・中学生はみんな他のマンガ。スラムダンクを読んでる中学生を見て感動。おお、まだスラムダンクは親しまれているんだなぁと。
僕は自分の買った小説をガンガン読んでました。まだ他にも読むべき本のあるのでね。

あとは卓球しました。ここは元卓球部の見せ所。審判やりました。ルール知ってる人がやらないとね。卓球クラブの子はさすがにうまい!フォーム&フットワークがしっかりしている。
そのあとは学部は違うものの同じ大学に通う同輩と卓球で勝負!ですがやっぱり元卓球部のオレ!勝ちましたよ。でもさすがにもうあの頃ほどうまう打てません。久々にまた卓球をやりたくなった。

それと、ロビーにピアノがあったので、できないのに弾いてしまいました。やってる子に比べて明らかに音をキレイに出せない。
とはいえ、たった四種類のコードだけで弾ける曲があるんです。その名もB'zの「Easy Come,Easy Go!」。その曲を高校2年の女の子のために披露!いや~緊張しました。人の前で何かを披露することも、ピアノも、本当に難しい。

そして、合宿を一緒に手伝った人と一緒にお風呂に入って、あとは夜中まで酒も入ったトーク会。先生はこういう場が生徒の言葉をきくために一番いい場だそうで、気にいってるよう。でも僕はそんなに話さないんですよ、こういう場。ずっと黙って人の話聴いてるというか。


3時に就寝。続きを読む人はクリック↓

朝の7時ジャストに起床。
すぐに朝食。ここは本当にご飯が美味しい。またもおかわり。モーニングコーヒーも欠かさず。

今日の目玉は長野の澄んだ空気の中でマレットゴルフっていうのを楽しみました。
マレットゴルフっていうのはゲートボールのようなステッキを持って、パットだけでホールに入れていくものです。
メンバーに溢れた僕は、合宿の手伝いをしてきた高校3年の女の子と2人でゴルフをやりました。前日にさんざん小・中学生と頑張っちゃった僕にとっては癒しの時間でした。
ですが、2人きりで楽しくやってきただけあって、その代償は痛かった・・・みんなより早く終わっちゃったので、そのあと、小学生と一緒にもう一試合頑張ることになりました。

小学生1「ねぇ今誰が勝ってるの!?」
小学生2「ねぇ得点は?」
小学生3「ねぇ早く打ってよ!」
小学生2「どうして今こうなってるの?」
小学生3「早く早く!!」
オレ「ぐはぁーーーーーー!!!」


マレットゴルフのあとは前日のとは違う温泉に行ったのですが、マレットゴルフのおかげですっかり疲れて寝てしまいました。
どうやら寝てる間、中2の女の子たちに写メを撮られていたようです。なんというか、僕って写メされるほどの人間ではないんですが・・・
温泉ではみんなサウナに入っていました。サウナと水風呂を繰り返す先生と小学生。僕はサウナが苦手なので、ずっと露天風呂でゆったり。
あがった後はやっぱり牛乳。
温泉は年々好きになってきてますね。うちの大学にも「温泉研究会」みたいなのないのでしょうかね。
前日もそうですが、気心しれた後輩と男同士ゆったり話したりできるのが魅力です。脱いだ衣服に鉛筆で落書きされましたが、可愛い高校のヤロー共ですわ。

あとはもうずっと塾まで直行です。今回は眠らずに、中2の女の子たちとずっと話してたんですが、中2の女の子は人数が多くて、全然話のネタが広がりませんでした。
僕の大学が芸術系なだけあって、自分が芸能人の友達なんじゃないかと思った女の子もいたんですが、いやいや、そんな現実甘くないっすよ。まぁ小池徹平くんの友達と知り合いですし、あとウエンツ瑛士の後輩とも友達なので、その人の話してやったら、みんなすごい反応を示すんです。五分くらいキャーキャー言われまして。「スゴーイ」って言ってくれる子もいましたが、僕がすごいんじゃなくて、その知り合いや友達がすごい、または、徹平くんとウェンツくんがすごいんであって、僕はなんらすごくありません。

五時過ぎに塾に到着。

反省会との名目で、やっぱり飲み屋に繰り出す合宿お手伝い隊ご一行。あまり飲むと頭痛がするので飲みたくないのに飲まされたり大変ですわ。酒ってそんなに大事なもんなんでしょうか。僕はもともとしらふのほうがよくしゃべるほうです。芸能人向きなのです(笑)まったくもう、酒はまだまだ好きになれません。酒なんか飲んでべろべろになってしまうよりか、しらふで好きな人と話してるほうが楽しいと思うんですがどうですか?

まぁいろんなことがありましたが、無事に終わったのが何よりも嬉しい。これこそお手伝いやってよかったと思う瞬間です。

まぁ最後に画像を一つ。塾に到着したあと、続々と帰る小学生たちを楽しませるためと、地元が長野よりも蒸し暑いっていうことで、涼しい格好になるため、「クールビズ!」っとかいって、

クールビズ


こんな格好をしました。背中がスースーして気持ちがいいのですが、小学生たちに見せたら、その中の一人が一言。

「キモーイ」

世の現実を教えるため、顔面膝蹴りして泣かせてやろーかと思いましたが可愛い子たちですわまったく。


中1の女の子とジャニーズの話で盛り上がった(??)ので、曲はKinki Kidsで「全部だきしめて」。
あの素晴らしいミュージシャン、吉田拓郎さんの作った、個人的にはKinki Kids史上最強の名曲ではないかと。何よりもメロディが素晴らしい!!
Kinki KidsはまるでSMAPのように、いろんな方から曲を頂いてるんですね。僕が知ってる限りでは、山下達郎さん、ドリカム、織田哲郎さん、堂島孝平さん、canna・・・って僕のの好きなミュージシャンばっかりじゃないか。どうりでキンキの曲は耳に残るなぁと思ったんですよ。セルフカバーも聞いてみたい曲ばかりです。
彼らは本当に歌が上手だし、自分たちの活動あっての他の芸能活動がある人たちだと個人的には思ってます。歌がうまいだけじゃなく、自分で曲作ったり、番組でギターかき鳴らして歌ったりする姿は本当にかっこいい。

きみのすべてをぼくの自由にしたくて
ずっと大切にしてたわけじゃない
だからなにも 信じられなくなっても
ぼくを試したりしなくて いいんだよ

いいさ 落ち込んで誰かを傷つけたいなら
迷うことなく ぼくを選べばいい
さびしさの嵐のあとで
きみの笑顔を さがしてあげるよ

きみがいたから勇気を覚えて
知らない場所も 目をつぶって走れた
きみのために できることを
あれからずっと 探してる

全部だきしめてきみと歩いて行こう
きみが泣くのなら きみの涙まで
全部だきしめて きみと歩いて行こう
きみが笑うなら きみの笑顔まで

ひとりになるのは誰だって恐いから
つまづいた夢に 罰を与えるけど
間抜けなことも 人生の一部だと
今日のおろかさを 笑い飛ばしたい

なにかをひとつ失くした時に
人は知らずに なにかを手にする
きみのために できることを
あれからずっと 探してる

全部だきしめてきみの近くにいよう
星になった歌も 過ぎた想い出も
全部だきしめて きみの近くにいよう
きみが黙るなら きみにささやいて

全部だきしめてきみと歩いて行こう
きみが泣くのなら きみの涙まで
全部だきしめて きみの近くにいよう
星になった歌も 過ぎた想い出も

全部だきしめて きみと歩いて行こう
きみが笑うなら きみの笑顔まで


素晴らしいとしかいいようのないこの詞。励まされますね。誰かに伝えたい曲でもあるし。ウェディングソングにしてもいいくらいですよね。
特に、「いいさ 落ち込んで誰かを~」の部分は、最高です。こういうことが誰かに自分の口ではっきり言えるようになれればいいですよね。僕は心の中で願うだけで。文字で言うしかなくて。ほんと素晴らしい歌詞です。康珍化、ありがとう。

kinki c album

スポンサーサイト



Comments 2

ししの  

お帰り~お疲れさま~。
のびちゃんモテモテだったんだね☆

2005/08/29 (Mon) 00:14 | EDIT | REPLY |   
のび太は受験生  
返信



この二日間で若いパワーを吸い込みまくり、さぁ健康的な生活しよう!っとしたら、もうダメです。不規則な生活にすぐ戻ってしまいました。
 
エビバディパッションな気持ちで頑張りましょう。

2005/08/29 (Mon) 02:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply