FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#845 LOST IN TIME

音楽
  • comment0
  • trackback0
・CDを買った。
さぁ、旅を始めよう

きのうのこと

LOST IN TIMEの「さぁ、旅を始めよう」と「きのうのこと」。

一枚目。後輩が、彼らの「旅立ち前夜」は名曲だと言っていたのがキッカケだった。
実際にに聞いてみたら本当にいい曲だった。
捨て曲がない久々のアルバムで、
「最後の一球」の青春とか、「翔ぶ魚」の暗鬱な心情とかに共感もする。
「カッターナイフ」の少年犯罪に対する言及には打たれた。犯罪を犯す側から世界を見つめている点で。「されど犬走る」は軽い感じだけど情景がわかる。
もっとも好きなのは「まだ故郷には帰れない」。
大学生の人なら、この曲の詞に対して誰でも思うモノはあるんじゃないかな。故郷は自分の故郷だと考えなくてもいいんだよな、きっと。もっと違う「故郷」が誰の心の中にもあるはずなんだよ。でも帰れないと決意する。素晴らしいとしか言えない。

二枚目。一枚目に比べるとパッとしない……。一枚目が好きすぎるんだな。
でもラジオでたまたま聴いた「あなたは生きている」という曲が、LOST IN TIMEを知ったきっかけだったんだわな。今回、CDで初めて聴いて、再び感動が襲ってきたのだ。
LOST IN TIMEの率直ながら文学的な詞に励まされるのだ。

・ちょっとここでローカルな話。
「さぁ、旅を始めよう」のときには脱退してるんですが、
「きのうのこと」の時点でこのバンドにいた、榎本聖貴という人は埼玉県は本庄市の生まれらしいのです。
ちなみに他の情報ですとボーカルの海北大輔さんは児玉町育ちらしいんですが、実は、児玉町は合併されて今はもう本庄市なのです。あはは。
で、思ったんですが、僕が通ってた本庄第一の先生に海北っていう英語の先生がいて、その先生が授業中、「海北という苗字は全国でもかなり少ない苗字で、今は埼玉に自分の親族くらいしか海北はいないんじゃないかくらい少ない」と言ってたのを思い出しまして。

・もしかしたらもしかして、お世話になった海北先生はLOST IN TIMEのボーカルの親戚なのかもしれません。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply