FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR♯63 ~夏に気圧された俺~

フリートーク
  • comment0
  • trackback0
昨日、四年の先輩の家に言ってワーギャー楽しんだら、結局ブログ更新をせぬままに寝てしまい、今日に至ります。

といっても、今日もけっこう眠い。
芸術祭CDのメール送ったり、FM茶笛の番組のBGMの試聴をするだけで疲れてしまうのは夏のせい?
今日は何もしてなかったにも関わらず、ばててしまったよ。ハァ。
食欲があるのが何よりもの救い。帰り道で友人たちと食ったラーメン&母の作ってくれた夕飯、どっちもおいしかったです。

今日は最近聴いている、稲葉さんの曲を紹介。
いや、この間松本さんのソロについて語ったから、今回くらいは稲葉ソロのよさも語りたい、というキモチであって、決して曲ネタがないからB'z路線に走ってるわけではないのですヨ(汗汗)

稲葉さんの曲は松本さんの作るB'zのメロディとはまったく違っていると思う。そして、B'z以上に、歌詞も内面に深く迫ったものが多くて思わず惹かれてしまうのですよ。B'zはニガテ!っていう人も、彼の曲を聴いてみたら、きっと良くも悪くも印象が変わるはず。
曲は稲葉浩志で「Not Too Late」。彼のデビューシングル、「遠くまでの」カップリングでありながら、「遠くまで」を食ってしまう名曲。中盤のギターソロがカッコよくて、高校のときはずっと聴いてましたね~。

手を振りながら 君は帰っていって
見送る僕はただ黙ってる
分かりあえないことばかり数えて

みえない明日に胸を焦がして
涙が滲んで 星がささやいた

真夜中の道を たったひとりで走れるかい?
C'mon,it's not too late
何も見えないような 闇の先を見つめよう
確かな優しさが浮かんでる
まだ間に合う 冷たい風を切れ

何時になっても 明かりを消せないで
静けさに いまいち慣れなくて
君に電話しようか でも何話そうか

いつでも誰かに優しくされてないと
イヤになる僕は そんな贅沢もんだったっけ?

何が怖いのかもわからないで 震えている人よ
C'mon,it's not too late
飲み込まれちゃいそうな 闇のなかへ 突っ込んでゆこう
光がさすように 君が見える
そして誰もひとりじゃない

どうにもならない悲しみが そこに立ち込めていたとしても
真夜中の道をたったひとりで走れるかい?
C'mon,t's not too late
あきらめたフリをやめて 産声のように吠えよう
愛を飛び出したら 愛が見える
頬さすような 冷たい風を切れ
本当はわかってる It's not too late


861.jpg
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply