FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR♯43 ~アルコールと一緒に取り込んだもの~

フリートーク
  • comment0
  • trackback1
今日は先生を含む文芸ゼミの皆さんと一緒に、所沢のカプリチョーザという店で、お酒と食事を楽しみました。僕の大学ではゼミ飲みと呼ばれています。

ラジオ部会に所属しているだけあって、オシャベリや食事は大好きなのですが、僕の場合、酔いと同時に頭痛が起こるので、あまり飲まずにすごそうと思ったのですが、酒というものは人を変えるもので、73歳の先生は一気に饒舌になり、僕にワインを推し進めたりと大変でした。

僕のいるゼミのメンバーは、文芸一本という人がいないのが魅力です。いろんなことに興味を持っている人が多く、話しているだけで、いろんなことを吸収できるのです。
一人、僕と同じくらい映画大好きの男の子がいて、彼にたけし映画の魅力を語られました。これを機会に近々、たけし映画を鑑賞してブラジで紹介しようかなと思います!

楽しいひと時も終わりに近づいたところで、ゼミのある女の子と文芸学科とかについて話していたところ・・・こんな話になりました。
彼女「文芸の男子って、関わりってあるの?」
のび「いやぁ、ないね~、女子だったらあるんだけどね、部会にけっこういるから」
彼女「ああ、○○○○○○ちゃん?」
のび「ぎょ!なんでその人知ってるの?」
彼女「体育が一緒だから」

体育の授業中にどんなおしゃべりをしたら僕の話に繋がるのですか!?

とにもかくにも、普段話さない人とも話せたし、今まで以上に気心が知れた仲になれました。意外な人と人とのつながりにも感動した一日。


曲は平井堅で「DESPERADO」。
大ヒットシングル「瞳をとじて」のカップリング。
世間は一曲目のほうばかりもてはやすが、自分はやっぱりこれ。EAGLES(楽天じゃないよ)というグループが作ったこの素晴らしすぎる名曲を平井堅がカバー。
何よりも秀逸なメロディに、平井堅の影の魅力である、穏やかで包み込むような優しい低音での歌声が重なり、原曲にも負けていない、すばらしい出来になっています。どこか郷愁を感じさせるような、どこか希望をもらうような、僕にとってはまさにこの曲こそ彼のベストソングなのです。


“Desperado, why don't you come to your senses
Come down from your fence
Open the day.It may be raining
But there's a rainbow above you
You better let somebody love you(let somebody love you)
You better let somebody love you
Before it's too late ”

“デスペラード、正気に戻ったらどうだい
塀からおりて来るんだ
明け方には雨が降るかもしれない
けれど頭上には虹がかかるさ
誰かに愛されるんだ(誰かに愛されているんだ)
誰かに愛してもらうんだ
手遅れになる前に”


キリンラガービールのCMにもなった曲。
人は、人を思う。

おいしいビールに。時のない会話。そんな風景に、これからも出逢っていけたらいいな。

092s.jpg


原曲のアルバム。EAGLESの名盤「DESPERADO」
157s.jpg

スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply

Trackbacks 1

Click to send a trackback(FC2 User)
この記事へのトラックバック
  •  ダメージ100
  • ああああああ~~!!!とうとうやってしまった…(((´Д`;)))ガクガク大不調ですうぅぅぅ~~!!くうぅぅぅぅ…(泣)なにがって、ラジドラですよ。ああああああ~~なんで今日に限ってあんなにっ…(悩)もうだめだめでした…今日のは最悪だよぉ~…。先輩たちは励まし
  • 2005.06.30 (Thu) 00:12 | 猫日和。