FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#439 ~沖浦啓之監督作品 「人狼 JIN-ROH」~

映画
  • comment0
  • trackback0
手書きの脚本を現在、ワードで文字に起こしています。
まず手書きから書いて、パソコンの文字にする過程でチェックするとなかなかいい作品が作れると、かの原田宗典さんも仰ってました。手書きの時には気づかなかった間違いに気づけるね。

が、この作業、かなり疲れる。
肩こるし、何よりケツが痛くて痛くてしかたない。
清書っていうのは事務的作業なので、自分の作品をチェックするということを忘れてしまうのもイタシカタない。

脚本ねぇ。
押井守脚本作品の紹介。

20070209000053.jpg
人狼 JIN-ROH(1999)

正直、ちんぷんかんぷん。
映像はいいし、確かに飽きないんだけどな。
ときどきわけがわからないんだよ。
つくづく彼の世界観は僕に合わないのだなと思った。

確かに下手に万人受けを狙うよりは、批判を喰らってもちゃんとしたものを作って、誰かに強く想いが伝わるようなものの方が好きだけども……。

結局何を伝えたいのだろう。
なんというか、日本のアニメ技術なら何でもカッコよくなるからOKとばかりに好き勝手やりすぎじゃないか?最近。
ドラえもんとかクレしんとか、手塚治虫マンガとか、ルパンとか、小学生のときに楽しく観ていたものの方が好きだし、僕の人生にはいい影響を与えていると思うんですが。

さすがにこれでは……押井脚本のオナニー趣向に走り過ぎではないかなぁ……。

好きな人、本当にごめんなさい。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply