FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#4007 “heart/beat”

音楽
  • comment0
  • trackback0
学生時代の友だち、山本陽一くんが活動しているバンド、
SoundCloudのライブを観に行く。

地道に活動しているミュージシャンのライブは見ていて楽しい。
地道さ、というのはやっぱり大事。
私の俳優活動は山本くんに影響を受けている部分が多い。

山本くんはまず宣伝をめんどくさがらない。
見てもらうための努力という意味では、
私の知り合いのミュージシャン(志望も含め)彼が一番宣伝の数が多い。
ほかのミュージシャン(志望も含め)は、全然宣伝してこない。
ライブやってるのに、宣伝してくれないのだ。


音楽の出来はもちろん大事だけど、
それ以上に、見て、聴いてもらうための活動こそ、やっぱり重要じゃないだろうか。
世のほとんどのミュージシャンは一週間ぶっ通しでライブはできない。
だいたいが週一日だけの夜、しかも平日の日もあったりするのだから、ヒトを呼ぶのはとにかく大変だ。
舞台ヤクシャより大変なんじゃないだろうか。

山本くんは、僕が行ける行けないに関わらず、
自分のライブは必ず宣伝してくれた。
巡業に出て、東京にほとんどいない五年の間もずっと。
毎月のようにライブのお知らせをしてくれた。

僕のことを「お客さん」として見てくれてるってこと。
僕のことをむげに切ったり、あきらめたりしないこと。
そういうことが、僕は、とにかく嬉しかった。
だって、それは、彼が他人を大切に想っているからだ。

僕も、想われるヤクシャであるより、想うヤクシャでいたいと思う。

ライバルであり、仲間であり。
これからもずっと、応援しているからね。
では、また。

soundcloud001.jpg
【Yoichi and Tomoya】
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply