FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#426 ~今日までそして明日から~

フリートーク
  • comment0
  • trackback0
今日は高校のクラス会に参加してきたよ。
久々に居酒屋で飲んだな。働くことはしょっちゅうだが。
今年はみんな就職活動だって。明日はわが身。

体育大学に通う友達の新歓飲み会は、グラスは要らないんだって。
なぜなら、瓶ビールで飲むから。
しかも、上の先輩の前では、常に瓶ビールは一気飲みしなければいけないんだってよ。それを実に10回以上繰り返すのはざらなんだと。よく、死人が出ないよね。
うちの大学にあるから気になって訊いたところ、他の友達の大学でも日本酒回しとかいう儀式はあるらしい。
まーどこの大学でも、やることは一緒だ。でも瓶ビール一気飲みは、できることならしたくない。文化系大学でよかった。
くだらないような、でも大切なような。そんな複雑な年齢を生きてる人種だよ、大学生は。

クラス会に来なかったある友達は、母親になったことで、結婚をした。
経験したことはないけれど、これから先、本当に、本当に大変だと思う。10年は遊べないというくらいだから。
こんな僕が彼女の力になれることなんてほとんど、というか、まったくないかもしれない。

でも想うことはできる。
幸せを祈っている。ずっと、ずっと。

みんな、みんな、若いから、これから先の話を、互いにできる。
将来の夢のこととか、恋愛のこととか。
でも、確実に時計の針は動く。
大人たちに「甘い考えだ」と笑われたら腹が立つけれど、言い返すことだって、できない。一心に持っていたかった、あきらめない心や正義感も、いつのまにか失った。
それでも――人の痛みが少し分かるようになった、気もする。
もう少し時が経てば、もう、やり直しのきかない年齢になれば、過去を振り返るような飲み会になるんだろうか。昔は良かったと、いつも口にするようになるんだろうか。
今はまだ分からないけれど、たとえ思い描いた未来が来なかったとしても……いつか、過去を悔やんだとしても、時代のせいにも、誰のせいにもすることなく、自分を生きることができたらいいな、と思う。

彼らに会うときだけ、僕は高校生に戻る。
そしてまた明日から、僕は大学生。


今日までそして明日から/吉田拓郎

わたしは今日まで生きてみました
時にはだれかの力をかりて
時にはだれかにしがみついて
わたしは今日まで生きてみました
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしは今日まで生きてみました 
時にはだれかをあざ笑って
時にはだれかにおびやかされて
わたしは今日まで生きてみました 
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしは今日まで生きてみました 
時にはだれかにうらぎられて
時にはだれかと手をとりあって
わたしは今日まで生きてみました 
そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと

わたしにはわたしの生き方がある 
それはおそらく自分というものを
知るところから始まるものでしょう

けれど それにしたって
どこで どう変ってしまうか 
そうです わからないまま生きてゆく
明日からの そんなわたしです

わたしは今日まで生きてみました 
わたしは今日まで生きてみました 
わたしは今日まで生きてみました
わたしは今日まで生きてみました 

そして今 わたしは思っています
明日からも
こうして生きて行くだろうと


besuto.jpg
[album:2000 BEST]
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply