FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#3855 “Etsuko Kamiya(2006)”

映画
  • comment0
  • trackback0
おはぎって美味しいよねえ。
おはぎが食べたい。

『紙屋悦子の青春』って映画のおはぎは本当に旨そうだ。
近所のスーパーでいまでは楽々買えるけど、
戦時中は、おはぎを作るのさえ、相当な贅沢だったはずだろう。
貧乏は貧乏だとしても、
ちゃんと最低限の食事ができる現代は、なんて幸せなことだろう。

映画は常に時代を撃つ武器になる。
だから映画のある時代は、不幸な時代かもしれない。
けれど、同時に、平和でなければ満足に楽しむこともできないはず。
映画とは、常に戦争と平和の時代を共有してる。

永瀬正敏さんは、なんか闇深そうな役が多いイメージがあるんだけど、
こういう生真面目なお兄さん、おじさんを演じてる作品のほうが好きだ。

dcc0fe8d-s.jpg

明日は『青の讃歌』の稽古!
楽しみと不安と。
頑張ります。
では、また。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply