ON AIR#3656 “THE TWILIGHT SAMURAI(2002)”

巡回公演、5ステージ目。
山梨県、南アルプス市にて。
冷静に考えたら、南アルプス市、いい名称だよな。
南アルプス市出身です、なんて言ってみたい。
生まれ、埼玉ですけど。

明日は、公演後、『鬼の小槌』班の手伝いへ。
最初、自分も出演する予定だった演目が、
結果的には、いままで通り『花咲き山』になったのだけど、
二週間、時間のあるときに見学に行って、
自分自身を見つめなおしたことが、
『花咲き山』の自分にとっても、いい結果に繋がるんじゃないかって思っている。
何より、このひとたちのために、自分も頑張りたい、
そう思えることが、ありがたいこと。


ところで、映画の話をちょっとだけ。
山田洋次監督の『たそがれ清兵衛』を見ながら飯食ってたんだけど、
これ何年ぶりに観たのかなあ。
たぶん、どっかの映画館でリバイバル上映されるたびに、
足を運んで観に行ってたはずなんだけど、
なんか、今回、他人が見たら引くくらい泣いてしまって。

とにかく、本物にしか見えないんだよね、すべてのことが……。
いつの間にか15年も経ってしまった映画で、
見るたびにそれなりに、感動していたはずだったのが、
今回、しばらく泣きやむことができなかった。

舞台ではないから、映画は変らない。
変ったとすれば、観た、私自身のほう。
自分自身のどこが変ったのかと問われると、すぐには答えられないんだけど、
父親の立場を演じるようになったのは、一番大きいかもしれない。
子供の目線からしか観られなかった映画のなかの何かが、
今回、真田広之さん自身のことを必死に解ろうとしたってことなのかな。

実はこの数日前に『隠し剣 鬼の爪』も観ていて、
これは昔から大好きな作品で、これこそ傑作だと、いまでも信じているけど、
今回、なんか考え方が変ったかもしれない。

現実は映画のようにはいかない。
何もかもハッピーエンド、というわけにはいかない。
でもだから、面白いという部分もあるし、
それでなくても、映画のような心を持つことはできるよね。
だから、自分は映画の世界が好きだし、
俳優として映画のような心を持つことに、誇りに似たものは感じています。

では、また。
プロ野球ばっかり好きだと思ったら、大間違いなんだぞ!


twilight-samurai.jpg
【たそがれ清兵衛】
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply