ON AIR#3644 “GariGari”

金曜日には本番が始まってしまうので、早くも緊張というかそんな感じ。
巡回公演を続けたり、ありがたいことに映像の現場なども踏ませてもらって、
早起きすることはできるようになったけど、
できるようになっただけで、いまだに早起きは苦手である。
本番やら現場がないのであればずっと寝ていたい、気のすむまで……。

同じダメ出しをずっと受け続けるというのは、非常に悔しい。
なんとか、なんとか直していかないと、ヤクシャとしては終り。
もう若い時間なんて残り少ないのだから焦らないといけないんだけど。
人を殺したことがなくても殺人者をやることがあるだろうし、
子供を産んだことがなくても親の役をやったり、
下手すりゃ異性経験がなくてもベッドシーンを演じる可能性だってある。
とにかく想像力をフル回転させて、いろんなことを調べるしかできないし、
些細な事柄をいかに「こういうことかな」って自分の中に入れていく。
父親が登場する映画を観まくったりだとか、
殺人事件のニュースをくまなく見たりとか、
不倫物のテレビドラマを視たりとか。
やれることはやらないとね。

思えば自分が一応でも俳優やってて、
自分には程遠い経験をしている人の役ばっかりだったように思う。
そんなこと言ったら、どんな役もそう思えてくる。
江戸時代や、戦時中に生きたことは、そりゃないわけだから。

とにかく、苦しい作業だ。
現実から逃げちゃうから、いつまでたっても上達しないんでしょうね。

では、また。
芝居もできない、贔屓のチームもサヨナラ負け。悲しくなるね。


20170419_152946.jpg
スポンサーサイト
ON AIR#3645 “Teach.” | Home | ON AIR#3643 “Ikari(2016)”

コメント

コメントの投稿


非公開コメント