ON AIR#3635 “ZOZOMESHI”

ああ、外食がしたい。
しかし、巡業が始まるまでのしばしの我慢である。
巡業が始まれば、
「ああ、自炊がしたい」
と思うに決まってるんだよ。
だからいまのうちに、飽きるほど適当なメシ作っておこう。


お菓子も食いたい。
しかし、これも我慢である。
移動中にけっこう食うからなあ、菓子。
移動中の菓子減らさないととは思ってるけど、
ずっとスマホいじってるのもきついのよ。


録画してたとある映画をだらだらと眺めていたら、
親と別れた行くあてのない少年の主人公を救ったコソ泥が、
チャーハンみたいなのを作ってて、
それを出された少年が一心不乱に、野生動物みたいに食う。
なんかそれだけで、うまそうなんだなあ。
ただのチャーハンのはずなのに。
映画の中に出てくる食い物って、どんな粗末なものでも、
どんなに清潔でない環境でのものだったとしても、
なぜか絶品料理かのようにうまそうに見える。

それで、いてもたってもいられなくなり、
しゃあねえ、チャーハンでも作ろうと思ったら、コメが切れてたりして。


食費っていうか、娯楽の延長で食うことが最近ないなあ。
野球場でのご飯はほとんど娯楽だわね。

関東に住んでいるので、ZOZOマリンかメットライフですけど。
個人的にはメットライフのほうが好きですね。
あそこは西武ファンもビジターファンも通るところが一緒なんで、
ビジターファンでも気兼ねなく屋台を見て回れます。
球場入ってからも、ビジターファンの入る一塁側には店がたくさん、しかも場所がわかりやすいんでグッド。

ZOZOマリンもメットライフも、関東では立地やアクセスがどうので動員が厳しいとか言われやすいのですが、
確か、より少ないほうがZOZOマリン。
この前の土日も西武戦のほうは三万人入ってるんだけど、ロッテ戦は二万人弱でした。
ZOZOマリンが屋外で、天気に恵まれなかったというのもあるのでしょうけど、
動員を改善したいと思うなら、まず球場飯がどこにあるのかっていうお客さんのニーズに、
しっかり応えることからじゃないかなーと思っちゃう。
食い物や飲み物って、すっごい大事で。
外野ビジター民はどうしても球場入っちゃうと、かずさ家しかわかんないんですよ。
しかも種類が少ないし、肌寒い春先でも温かい食い物や食べ物が少ないってことに気づく。
かといって屋台がたくさんあるのはどうしてもホーム側でロッテファンのなかを歩かなきゃいけないんで、ちょっと遠慮しちゃう。
充実感、娯楽感みたいなものがないと、どうしても足は遠のく。
絶対、ロッテ球団の社員さんがこのブログを読むことはないでしょうけど、
どうですか、とりあえず外野レフト席入口近くにも、
グッズ販売だけじゃなくて、屋台を増設しては……。
俺は楽天グッズよりも、ZOZOマリンスタジアムのメシを堪能したいぞ。


そんなことを書いていたら、また腹が減ってきた。
野球場のメシももっと食いたいし、巡業でもっと美味いもの食いたい。
自炊を頼む心の余裕なんて、ない!

では、また。
頑張らなくちゃ、なにも美味しくは感じない。


1414710347977.jpg
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply