ON AIR#3525 “Kimi-ha-Iiko(2014)”

大ヒットしたドラマ、『逃げるは恥だが役に立つ』では、
後半から、抱きしめる場面が頻繁に出てきていた。

抱きしめるって、素晴らしい行為だね。
恋人同士でも、家族でも、チームメイトでも。
抱きしめることで、私たちは何かを分かち合っている。

映画『きみはいい子』なんか、特に、抱きしめることの大切さを思い出させてくれる作品だった。
高良健吾扮する主人公の先生が、クラスの児童に、
家族に抱きしめられるっていう宿題を出すんだよね。

きみはいい子

いい大人になったって、家族と抱きしめあってもいいんじゃないか。
心の距離が、一瞬で縮まるから……。
離れているなら、たまに会ったとき。
毎日会えるなら、なおさらに。

誰かの孤独を癒せるような存在に、いつか私もなりたい。

では、また。
スポンサーサイト

Comment

  • 2016/12/22 (Thu) 07:39
    ユンナ #- - URL
    No title

    田嶋さんは最近、いつ誰を抱き締めましたか?

  • 2016/12/22 (Thu) 18:01
    田嶋高志 #- - URL
    コメントありがとうございます。

    ユンナ様

    最近はないですが、正月に帰ったら、姪を抱きしめたいです。

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する