ON AIR#3474 “Kyodai=Brother”

きょうで、10月が終り。
ハロウィンだなんだで世間は騒がしかったようですが、
世の大学生たちは、そんなことよりも大事なことがあるはず。
そう、学祭シーズン。
11月といえばどこもかしこも、大学生たちが年に一度の馬鹿でかっこいい企画を練りに練りまくり、
たった数日のために全身全霊をそそぐという、若いうちしかできない夢のようなフェスティバルがあるわけであります。
この宴のために、本来、学生が貫くべき姿、「単位を取得する」という目的すら見失い、
留年の危機にさらされる学生が何人いたことか。すっごい身近にも、実際に留年したひとがいます。

かくいう私も、十年ほど前は大学生のはしくれでありましたので、けっこう楽しくやらせてもらってました。
大学生のはしくれだったころから、当ブログは存在してるので、
物好きなひとはアーカイブを覘いてみてはいかがでしょう。

早稲田とかには演劇もさかんだし、さだまさし研究会、通称さだ研とかもあったりしますね。
ハタチそこそこの若いときから、さだまさしに触れるなんて、すごいことだと思いませんか?
NHKの生さだなんかを視てたりすると、それこそ、中学生くらいの子が、親の影響でさだまさしを好きになり、
ギターを鮮やかに爪弾く、なんてこともあるようです。

そんなかつで学生だった私がいま大注目しているのが、

京大B'z同好会

京都大学に存在するB'zを愛するひと、ファンの間ではBrotherと呼び合ったりしていますが、
Brotherの兄弟と、京大を合わせて結成した熱い同好会のようです。
私自身もつい最近知った、というか、YouTubeに映像が上がっていたんだよね。

学祭(11月祭、NFと略しているみたい)でどんな企画をしているかというと、お客さんを交えた、大カラオケGYM
B'zのコンサートは、通称LIVE-GYMをまねて、観に来てくれたお客さんと全員でB'zのカラオケを、
まるで本物のLIVE-GYMをやるつもりで楽しむ企画。
もう見てみて。あまりの熱さに感動するから。
誰もが知ってるB'zの代表曲から、私のようなファンクラブ会員も思わずうなるようなマニアックな曲まで、
すべて網羅してくれています。
しかもLIVE-GYMというだけあって、ライブ音源をけっこう持ってきていて、
振付まで完璧に教えるという熱の入れぶり。


というわけで、YouTubeの映像(2015年開催時の映像)をここに挙げときます!
B'z好きな同志!
ぜひ、京大の11月祭に行ってみては?

では、また。
青春を楽しむのも、また偏差値のいることかもねー。
京大行きたい!



スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する