ON AIR#3442 “Mannequin Village/B'z”

巡回公演、26、27ステージ目。
青森県は黒石市にて。
つまるところ、疲れを取るには睡眠が一番。
きのうは早く寝て、すっきりと移動のツーステージを終えることができた。


移動の際、よくプロ野球中継を聴いている。
今年もなんだかんだで、大好きな選手がプロ野球の現役を引退するんだなあ。
DeNAの三浦選手の引退試合は、ダイジェスト版を見られないでいるよ。

それと同じDeNAだった阪神の鶴岡とか。
19球粘った打席は忘れないよ。

楽天イーグルスからも、川井と栗原が引退。
憧れだったひとたちがいなくなるのは寂しいな。


栗原だってまだ若いし、ひとによっては私くらいの年齢で現役を退かないといけないひとだっているので、
厳しい世界だと思うよ。

特に、戦力外という言葉は痛烈だよなあ。
役者の世界なんて、非常に、境界線なんかがあいまいで、
たとえば小劇場の劇団なんかでも、劇団をクビになることはあれど、
自分がやれると思えばいくらでも現役はあって、引退は存在しないに等しい。
自分自身で、ケリをつけるひともいるなか、
私みたいに愚かなひとは、それでも可能性を信じて続けて、身を滅ぼしてしまうひともいる。

巡回公演なんかで回っていると、もちろん役者を志す子供も見かける。
夢を叶えてほしい一方で、そんな簡単な世界でもないよ、という自分がいる。
きれいごとは言いたくない。
自分を信じてやれるだけやるしかない、というのが、正直な気持ちだ。

私が小学生のころは、何になりたかったかなあ。
では、また。




Mannequin Village/B'z
19のときに聞いて鳥肌が立ったなあ。
これ、姉と一緒にいったんだったかな。
この会場に俺もいます。
CDと間奏前の歌詞が違っていて、こっちのほうが断然かっこいい。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply