ON AIR#3368 “I'll shake hands!”

自分のカンパニーのことであれだけど、高円寺は明石スタジオで上演していた、『アロハ色のヒーロー』について。
久しぶりに観たら、だいぶ面白かったなあ。森田さんの演出がところどころにちりばめられてて、かっこよかった。

自分は初演でイエローをやっていたんだけど、運動神経がなくて、殺陣でだいぶ迷惑をかけた。
おまけにダンスも全然できなくて、あげく俺は出演できないシーンまでできてしまって、悔しかった。

いろんなことがいまでも思い出せるくらい大変な公演だったけど、こうやっていまでも思い出せる公演があるというのは、いいことなのかもしれない。どんなことがあったか、あまり思い出せない公演もあるからだ……。
大変なほうが、後々自分の糧になる。思い出せないってことは、自分が楽してたんだろうね。そういうときは大概、自分の芝居もダメだ。

ついでに思い出したが、初演のときは土曜日に、3ステージやったんだよな。
私はダブルキャストだったからいいけど、堀之内さんと飯伏はシングルだったから大変だっただろう。

初演を知るメンバーもだいぶ少なくなってしまったが、たまには思い出話にくれるのもいい。
今回再演を観て嬉しく思ったのは、あの時、自分たちで集めたBGMの音源が、まだ使われていたということだ。
(演出の森岡さんが我々にほとんどを委ねたからだ)
客入れ曲やダンスの曲などは変わってしまったが、要所要所のBGMはそのままだった。
こういうとき、初演のメンバーだったというのは、いいものだ。そこがベースになるからである。
もちろん再演のほうがよくなってくれないと困るわけだが、あくまで私らが原点なのだと、すこしは胸を張れるじゃないか。

タフな公演だったと思うけど、みんな、お疲れさまでした! 俺もまた頑張ります。

では、また。


1468563521544.jpg



♪Theme from ULTRAMAN/Tak Matsumoto
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply