ON AIR#3367 “Open Happiness”

巡回公演は、まだ北海道公演を残しているのだが、
先にこの日に打ち上げが開かれた。

四年もお世話になっていて、成長できているか、戦力になっているかは自分では判らない。
四年もやったかという想い以上に、まだ四年だったかという想いもある。

どっと疲れることや、下痢が何日も続いたり、誰も信じられなくなったりした日もあれば、
仲間と呑んで笑ったり、旅先の映画や銭湯に癒されたり、初めての景色に心躍る日もあった。
芝居の視野がいかに狭かったかということ、それに、精神的にも物理的にも、自分がいかに狭い世界で生きていたかもわかった。

正直、飽きることはないだろうし、ずっと課題は目の前に起こることだろう。
ここでは書けないこと、云いたいことはたくさんあるけれど、感謝することばかりだし、劇団員の皆さんに恥じないような生き方をしたい。

その一方で、自分には意志や覚悟がないんじゃないかということも、この数週間、ずっと考えてきた。
だらだらとしているつもりはないが、確固たる自分の気持ちを持たないまま、この先もやっていくのは、あまりにも失礼なんじゃないかと。

正直迷っている。
それ以外にも書きたいことは山ほどある。
でも、それは、もしかしたら誰かの気を害するかもしれないな。
そう、自分の問題なのだ。自分で決めるべき問題だ。

では、また。


20160716_181055.jpg
【河童班荒木と雨ふり班赤羽と】




♪Open Happiness/Monkey Majik
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する