ON AIR#3229 “SouthSaurus”

ステージの上で歌い、叫び、熱いパフォーマンスで観客を興奮の坩堝に巻き込む。
そんな、バンドマンに憧れたころがある。
まあ、極端に言うとB'zみたいになりたかったんだよなあ。
結局、渚園で歌うことはおろか、初台DOORSでも歌う機会がない私になってしまったけど、
いまだに歌うことへのあこがれはある。

十九歳のときに、初めてバンドというひとつの共同体に入らせてもらった。
もちろん全然、プロじゃない。大学の先輩がやっていたバンドだ。
バンド名すらも忘れてしまったほどの名もなきバンドだが、痛烈な思い出だった。
先輩のエレキとエフェクターを借りて、へたくそなプレイを日夜やり続けた。

そのうち、自分でも何かやってみたくなり、夢中で自作の曲を作った。
あの、よくある、それはそれはよくある、
高校生の書く一種の熱病のようなポエムの延長みたいな歌詞に、単調なコード進行を充て込んで。

一度だけ、私を誘ってくれた先輩が、その曲をバンドでやらせてくれた。
楽しかったなあ。自分の曲が、こんなバンドサウンドになるのか。
自分の手を離れた、たった四、五分のストーリーがひとりでに歩き出し、世界に飛び出した!
それはそれは、当時女も知らぬ、何もかも出遅れた男には快感だったのである。

十年後。
その先輩が久々にライブをやるというので観に行った。
ああ、いい曲だった。先輩の作る音楽の美しさは、何も変わっていなかった。
彼をとりまく環境は、就職や結婚に彩られて、ライブのペースも激減したけれど、
彼のなかにある音楽的な側面、青臭くいうなら、ソウルは何も色あせてはいなかった。

私は二十歳のときにヤクシャを始めた。
それも、もちろんプロになるつもりもなく、ただの遊びみたいなものだったけれど、
十九のときに経験した、ステージに上がる、その一足がなかったらと思うと。
たぶん、いま、私はこうしてこんなことをブログに書いていないかもしれない。
誰かの一挙手一投足は、常に誰かの手によって、思いもよらぬ運命に導かれているときがある。

この年齢まで懲りずに小劇場をやっていると、最近敬語を使うことがどんどん減ってきて。
後輩だけはやたらと増える。でも同い年の俳優は少なくなって、さらには先輩も限られてくる。
先輩になったら楽になるのかなと思っていたけど、ぜんぜんそんなことはない。
後輩がダメなんじゃなく、自分が先輩としてダメすぎて、常に何かにいら立ってしまうのだ。
自分がこんなに小さく愚かな存在なのだと、思い知る毎日しかない。

だから先輩がいるって、とてもありがたい。
甘えられるという意味じゃなく、自分は勘違いしてはいけない人間なんだ、
大したことのないひとなんだと、言い聞かせることができるからだ。

あの頃のように、また追い続ける。
社会人としても立派。夫としても立派。そして表現者としても。
いつでも原点は、誰かの背中である。

では、また。
社会人になって十年近く経っても、いまだに学生時代のギターを使ってるというのも、なんかいいんだよなあ。


20160228_152250.jpg
【LIVE STAGE Iwoo NOGATAにて、先輩と】



♪スターバックス/南ゆうき
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する