avatar image

ON AIR#3215 “indomitability?”

とあるテレビ番組で、ガリガリ君で有名な赤城乳業の社員が出ていて、
そのひとの話によれば、かつて部下の若手社員が開発したガリガリ君の「ナポリタン味」がとても不評で、
なんと三億円以上の赤字をたたき出してしまったらしい。
でも、それを「魔が差した」と笑い話にできる上司や、赤城乳業という企業の懐もすばらしい。
企業形態がそれぞれ違うからなんともいえないけれど、失敗や敗北や損失も受け止めて前に進める器量みたいなものは、
個人レベルでも必要なことなのかもしれない。

喫茶店のアルバイトの雇い止めのニュースも……なんだか、ねえ。
自分も系列のお店で働いた経験があるから思い当たるところがやたらあって笑えない。
企業のアルバイトに対する考え方や体質は、そりゃあると思うよ。
どっちが悪いとかは言えないな。訴えた本人がどんな人間性でずっと働いてきたかは、さすがに解らないから。

三億円の赤字を出してもめげずに新しい商品を開発するひともいれば、
一万円の誤差を出して一発で暇を与えられるひとだっているんだから、
働くってほんとうに一大事だと思います。
私はこの「働く」というテーマを深く考えもしないで役者になってしまったので、
いつまでたっても半人前というか、誰にも認めれもらえない感じがするんです。

では、また。
死ぬことさえカネがかかる。



20160216_214110.jpg
【寒暖差に弱い。衰えたなあ】



ロクデナシⅡ(ギター弾きに部屋は無し)/THE BLUE HEARTS
この世で一番嫌いなのは、手のひらを反す奴らだ。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback