ON AIR#3205 “Chikyu, Kaze to Hi”

きょうは弟の誕生日だった。
2月6日はなぜか私の知り合いにも誕生日の方が多く、前にいたストレイドッグにいた先輩や、
客演していた女優さん、民話芸術座でいっしょに回った先輩もこの日誕生日である。
私の使っている手帳には、その日誕生日の著名人、偉人などが載っていて、
福山雅治、アクセル・ローズ、ボブ・マーリー、フランソワ・トリュフォー、やなせたかし、ベイブ・ルースとある。
すごいな。ちょっとうらやましいぞ弟。
2月6日は、偉人を産む不思議な力があるのかもしれない。

でも、こういう話、けっこうこのブログで書いてるはずだよなあ、と思って、過去の記事を読み返してみたら、
2014年には確かにそんな話を書いていた。
2015年は、弟についてまったく書いていない、それどころか、記事が超テキトーである。
どんな気持ちで、下手すりゃTwitterよりも短いような記事を書いていたのかは、いまとなっては不明だ。

一年前の自分と、いまの自分って、同じ人間のはずなのに、ぎょっとするほど別人に感じるときがある。
きのう観劇した『明日から来た男』のストーリーみたいだけれど、
人生のどこかの地点で、「私」という人間って、死んだり生まれ変わったりしてんのかなあ、なんてね。
三次元ってのは不思議なもので、どんなに頑張っても「現在」しか見ることができないのですけど、
一年前の記事を書いた自分って確かにいたんですよね。
そして、一秒後に、私がどんな文字をキーボードで打つかなんて、誰もわからない。

そんな小難しいことを考えてしまうのは、さきほど『第七の封印』という、これまた小難しい映画を観ていたからでしょうか。
クソつまんない話をしてもしょうがないですね。

とにかく、
弟の影響で観るようになったフットボールの話を来週するのが楽しみだ。
来週はスーパーボウル、月末にはスーパーラグビーもある。
今月の法事で実家に帰ったら、たくさん話そう。
弟よ、おめでとう。


明日は西原祭、『ぼくんち』、『女の子ものがたり』の千穐楽。
今回劇場にあまり顔を出すことはできませんでしたが……。
盛況みたいで、ほんとうにありがたいことですね。
西原祭は、明日で終ってしまうわけですけど、またいつか再演はするでしょうし、
終ったら間髪入れず次があるので、そこを楽しみにしていただけたら嬉しいです。
私も何かの作品に、出演者として顔を出せますように。
では、また。


20160131_153156.jpg
【なんの変哲もない自撮り】




♪September/Earth, Wind & Fire
モーリス・ホワイトさん追悼。
やっぱりこの曲だよねえ。最初はこの曲の印象だけしかなかったんだけど、
最近になってベストを聴いて、この曲以外にもたくさん聴いたことのある曲があって、
ベストに入りきらない良い曲がたくさんあったんだ! って思っていた矢先に亡くなってしまった。
どんなにふさぎ込んだ日でも、この曲を聴くと腰が動き出す。
自分の出る作品も、そうであってほしいなあ。
スポンサーサイト
ON AIR#3206 “Delicious Apple” | Home | ON AIR#3204 “It Came From Tomorrow.”

コメント

コメントの投稿


非公開コメント