ON AIR#3204 “It Came From Tomorrow.”

高橋いさを先生演出で、
なおかつ大先輩、蒲公仁さんの企画舞台、
『明日から来た男』。
蒲さんはもちろん、先輩の中原さん、酒井さんが出演していて、
昨年末に劇団チョコレートケーキさんの舞台『ラインの向こう』に出演されていた寺十吾さんも登場しております。
きょう、観劇したのだけど、とてもじんわり、心に響く舞台で。
こういう家族の物語、生と死の狭間で人生とは何かを問いかける、
そんな物語が大好きで、とにかく大好きで。
シチュエーションコメディや、ストレイドッグのような歌ありダンスありもやったけど、
「観劇者」になるならこういうお話に惹かれるんですよねえ。
下北沢はザ・スズナリにて、日曜日まで上演しております。

当日パンフレットに挟まっていたチラシも、興味あるのはストックしておきます。
三月に三田村組の、『父との夏』が上演されるみたいなので、これは観たい。
数年前に、何がきっかけで観に行ったのか忘れたけど、高橋いさをさんだというのは覚えてて、
観たときに、ラストでボロボロ泣いたんだよなあ。

そして、劇団離風霊船さんが満を持して『ゴジラ』を上演する!
この胸の高まりはなんだろう?
世の小劇場ファン、そしてストレイドッグの『ゴジのラ』を知ってる皆様も、絶対観たほうがいいです。
これが本家というのか? 元祖というのか?
うちのボス、森岡さんも出てた劇団ですからね。
観に行けたら、2011年の『STATION』以来かな。


年間で何十本と演劇を鑑賞するようなファンの皆様に比べれば、
私の観劇録なんて、屁にもならないものではありますが、
それでもやっぱり、観るときは観るんですよ。
皆さんもそうだと思いますが、ほんとうに魂をかけて観てますよ。
目当ての俳優さんが出てるから、とか、先輩が出てるから、じゃなくて、
作品自体を見て研究し、楽しむことが、自分自身の人生を変えたり、役者としての姿勢を考えさせてくれる。

しかしきょうは観ながら、改めて、蒲さんたちがやっていたような演劇に、自分もいつか立ちたいって思いました。
もちろん、ジャンルを選ばすいろんな作品に出ることって大事なんですけど、憧れですね。
役者自身の力だけで役に挑む先輩たちがほんとうにかっこよかった。

そんな楽しみな春がもうすぐやってきますが、はたして私はこっちにいられるのだろうか。

では、また。
演劇、映画、音楽。時間とお金が足りなすぎる。
つくづく、役者であることは矛盾との闘いなのだと思い知らされる。


20160205_185753.jpg
【下北沢 ザ・スズナリ前にて】
本多劇場でも、戸田恵子さんの舞台やってる。
誘惑が多い!




♪オールドルーキー/竹原ピストル
野狐禅時代は、高校生くらいのときにずっとラジオで聴いてたなあ。
フォークソングの定義なんてのはよくわからないけど、孤独に寄り添う男の曲が多かった。
竹原ピストルさんは、歌唱力は抜群なんですけど、それを感じさせない魂の強さがあって。
上手さだけでは、ここまで響く歌は作れないよね。

必要なのは走り続けることじゃない、走り始めることだ。

※明日はたぶんモーリス・ホワイトさん追悼で、Earth, Wind & Fireの曲にします。
スポンサーサイト

Comments 2

すずき。

ほんとにじんわりでした。時間いっぱい使ってのじんわり。染みますねー。離風霊船は何度か観てますがいよいよ念願叶います。当初伝えられていた予定から一年遅れかと思いますが、タイトル『ゴジラ』なんですね。ドッグにもゴジラが戻ってくるのだろうか!? ガマ発のラストの曲かなり気になってて調べようと思ってました。ちなみに…ドッグでは栗原さんと田嶋さんの選曲をいつも楽しみにしていますよー。

2016-02-06 (Sat) 23:40 | EDIT | REPLY |   
田嶋高志">

田嶋高志

コメントありがとうございます。

すずき。さま

離風霊船さん、『STATION』くらいしか観たことがないんですが、
『ゴジラ』といい、選曲や使い方がすてきですよね。
そして最後の大転換も。スズナリの舞台奥から電車出てきたときは度肝抜かれました。
今年は夏に、日本でのゴジラが復活しますから、
一足先に始まる離風霊船さんの『ゴジラ』はジャストタイミングかもしれませんね。

比べてドッグの上演する『ゴジのラ』は、
なんというか、世のゴジラファンが揶揄する海外版のような立ち位置でいいのかもしれません。
ほんとうに無駄話になりますが、私はどうも世のゴジラファンの凝り固まった保守的なゴジラ像が苦手でして。
(今年の『シン・ゴジラ』もそんな臭いがプンプンしますが)
「亜流で何が悪い!」って思っちゃうのです。
「誰がなんと言おうと、俺たちは俺たちの『ゴジラ』を上演するんじゃ!」
そんな気概のほうが好きです。
かといって、ファイナル・ウォーズが好きかと言うと、全然そんなことはないんですけど……。

ありがたいお言葉をいただいて恐縮です、自分は最近は何の選曲もやっておりませんで、お恥ずかしい限りですが。
(栗原くんにいたってはもうストレイドッグのメンバーではないし……)

2016-02-07 (Sun) 04:24 | EDIT | 田嶋高志さん">REPLY |   

Leave a reply