ON AIR#3157 “REQUIEM of DARKNESS”

気まぐれに、再開してみました。

四ヶ月、書かなかった。
その間に、たくさんのことがあった。
巡回公演も終ってしまったし。
私をとりまく環境も、私自身も、自分や他人が気付かないだけでそれなりに変わったのだろう。

このブログは学生時代から書き出したのだが、一度も閉鎖することなく十年くらい書いていた。
十年も続けた節目の年なんで、最後の月くらい、少しは書かないとね。
書くのを休んだ理由はなんとなくあったのだけど、再開する理由もなんとなく。そんな感じです。

というわけで、いま、新宿はシアターモリエールにて、『暗闇のレクイエム』っていう舞台が上演されてます。
うちの劇団の舞台なんですけど、気になったらお問合せください。
久々に、いまがわさんとも会えて、うれしかったです。

ファンの方々が熱烈に応援してくださり、ほんとうにありがたい限りです。
自分は出演していないけど、やっぱりうれしいものです。
でもそれに満足したら、そこで歩みは止まるわけで。
「もっとやれたなあ」って思うくらいじゃ、遅いんです。
あくまで私は作り手なので、作り手が舞台の下からのものの見方をしていたら、
いつまでたっても上がれないなあと思ったここ数日なのでした。

いまがわさんも、後輩の古川も出ているので、江戸村の従業員の皆さんが応援で見にきてくれて。
一年ぶりの再会ができて、よかったなあ。
一年ぶりでもちゃんと私のこと覚えててくれてて。
ひたすらに打ち込んでいれば、いいこともあるのです。
ナメて仕事してたら、やっぱり再会を喜ぶことなんてできやしないので。

もうすぐ今年が終ってしまうのですが。
この一年、いや、この数年間、いかに自分が自分に満足してしまっていたか、甘えていたか。
それが分かった、数ケ月でした。
打ちのめされて、降りようかなと思っていた矢先に、本気で怒ってくれたのは、やっぱり学生時代の仲間だった。
なんの糧にもならなかった学生時代だけど、糧はなくても、ひとは、途切れないし、かけがえがない。

もっと、もっと。
まだまだ、やれることがある。やりたいことがある。
その衝動ほど、止められないものはない。

では、また。

20151219_144600.jpg
【いまがわさんと。後輩だけど、人生の先輩。戦友だけど、たまに敵】
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply