ON AIR#3156 “Blue Knife”

『問題のない私たち』が無事、終演しまして。
もともと若い子が多い舞台なもんで、そういう意味ではパワーがある。
それでなくても、学生が主体の作品というのには、昔から心揺さぶる、いいのが多い。
自分の場合、もう、年齢的に学生の役は、よほどのことがない限りできないってことが残念だな。
でも大人にならなければ、大人の役はできないわけで、結局、いまできる役は、いましかできない役なのだ。
悩んでも苦しんでも、真剣に取り組んだやつの勝ちだ。

群れない。己を生きろ。いま、そのときだけの、かけがえのない仲間と時間を大切に。


青いナイフ / junior size




スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する