ON AIR#3140 “WM31”



さて、来週月曜から、先陣切って、『河童の笛』の本番が始まる。
通常とは違う班編成ということで、後輩のソレイユ上辻が本番に出るのはもうちょっと先だけど。
責任を持って、演じてまいります。


時間がなくて、リアルタイムでは視られなかったが、今年のレッスルマニアはおおむね好評だったみたいですね。
しかし、ジョン・シナも、ダニエル・ブライアンも、目玉カードには出させてもらえてなかった。
というか、WWEの現状って、典型的な宝の持ち腐れで、才能あるスーパースターは数多くいるのに、それを“カード”という形で昇華できてない・・・・・・というのが自分の持論。
もちろん、HHHとスティングの一騎打ち、アンダーテイカーが再び姿を現すなどなど、面白い部分もあったのだけど……ちょっと、さすがにいつまでもレジェンド達に頼りすぎなんじゃないかねえ。
その“レジェンド”が“現役”だったときは、彼らがレジェンドだと思って応援してなかったもん。結果的にいま、レジェンドになっただけであって、私はそのときそのときを必死で闘うスーパースターを応援していただけだから。

一年前ほど真剣に視ていなかった自分みたいなヤツが言っても生意気な意見かもしれないけど。
CMパンクがいなくなってしまってからなんだよね。CMパンク好きだったなあ。
なんと、UFCに行ったんだってね。
応援してます。ガチンコ格闘技はあんまり視ないのでアレですが。

では、また。




※今年のトリプルHの入場。
毎年笑っちゃうけど、いままで一番笑っちゃったよ。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply