ON AIR#2841 “Consciousness”

再び、基本的な抜刀、納刀を教えてもらった。

「おまえには自覚がなさすぎる」
とは、江戸村での仕事をくださっているNさんの言葉。

殺陣同志会(わかるひとしかわからないとは思うが)に入っておけばよかった、と江戸村に来てから思う。

当時の私は、現在なんか予想してなかったからだ。
ただ、いまが楽しければいいと思っていた。
つるむばかりで、未来につながることを、なにひとつしてこなかった。

しかし、その後悔から学ぶことができれば、同じ失敗を繰り返さなければ、それだけで前進できているのかもしれない。

ひとはいつか死ぬ。
憧れた俳優だって、あっけなく死んでしまうのだ。

それでも遠回りをせず、一日一日を、必死で仕事をする。
江戸村に来ているお客さんの笑顔が、生きる力だ。

では、また。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する