ON AIR#2785 “SETSUNA&SEYANA”

――タイミングなんてないよ、お前が作るんだよ、タイミングを。いいかお前、電話番号をなめんなよ。あの11桁の数字を知ってるか知ってないかだけが、赤の他人と、そうじゃない人を分けてるんだからな。お前はタイミングがないっていう理由だけで、全ての可能性を捨てちゃったんだからな。お前はいまだに人生に期待しちゃってるんだよ。これからも普通に生活してれば、いつか誰かと出会うだろう、素敵な女の子が現れるんじゃないかなぁ、まさかず~っと一人ってことはないだろうなぁってな、漠然と、高校生みたいに。いいか、はっきり言っとくぞ。30過ぎたら、もう運命の出会いとか、自然な出会いとか、友達から始まって徐々に惹かれ合ってラブラブとか、一切ないからな。もうクラス替えとか、文化祭とかないんだよ。自分でなんとかしないと、ず~っと一人ぼっちだぞ、絶対に、ず~っと。
(映画『運命じゃない人』より)


この日は一日、東京から岡山に移動。
旅先のネット環境の影響で全然画像を挙げられないのが残念だが、元気でやっている。

岡山の宿が、もう完全にブライダル系のホテルで、披露宴の相談なんぞをしているペアもいた。
そういえば二日前、後輩のせやなが式を挙げたばかりだ。
もう同じ事務所ではないが、後輩の花田や、うさみ、民芸座さんに移籍した菅原のみっちゃんも参席したようだ。

画像を見せてもらったが、こんなにドレスが映える女性だったとは。
自分は公演で行けなかったが、心から祝福したい。
(ついに共演することはなかったけど……)

ところで冒頭に書いた文は、私の好きな映画の名科白である。
次のオリンピックやワールドカップやWBCがあるころには、私も三十路越えてるんだな。
ちょっと前まではいやだったけど、いまは早く30歳になりたい。
何が変るわけでもないけれど。

それに、手相によると、自分には運命の人はもう訪れないらしいからなッ。
私は私で、楽しみますよ。

では、また。




Michael Bublé - Haven't Met You Yet
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する