ON AIR#2703 “The Secret Life Of Walter Mitty(2013)”

四月に入ってしまった。
久々に出演する舞台が、刻一刻と近づいてくる実感がある。

帰りにすためしを食べた。

sutameshi.jpg

気休めだとは思うが、スタミナがつくものを食べて、あと数日の稽古を乗り切ろうというモクロミである。

撮ってくれたのは、この日が誕生日であった後輩の河合亜由子である。

kawai.jpg

『閨房のアライグマ』は、映画のようなホラ話がテーマになっているストーリーだけど、河合は初見で、
「この舞台、『×××・×××××』っていう映画みたいですね」
と言ってきた。
本人はなかなか自分から話さないのだが、実はかなり映画を見ている子だ。



映画をとにかくいっぱい観ているひととは気が合う。
今日は増田朋弥という後輩も稽古を観に来ていたが、休憩中に、『LIFE!』という傑作の話で盛り上がった。
お互いの感想は、「もう一度見たい」。
あんなにカッコいい映画は他にないぞ。

Secret life

某サイトからあらすじを抜粋すると。

ニューヨークの伝統ある雑誌『LIFE』で写真管理部という地味な仕事に就いている平凡な男ウォルター。単調な日常を送る彼の唯一の趣味は空想すること。現実世界では秘かに想いを寄せる同僚のシェリルに話しかけることさえままならない彼だが、空想の世界ではどんな危険にも怯まない勇敢なヒーローとなって大活躍するのだった。そんな中、『LIFE』の最終号を飾るはずだった写真のネガが行方不明になっていることが判明する。追い詰められたウォルターは、ネガのありかを直接聞き出すため、世界中を冒険している写真家ショーンを追って自らも冒険の旅に出るのだが…。 


長い人生のなかでつまずきそうになったとき、そっと手をさしのべてくれる、そんな作品に出逢えることなどめったにない。
この映画は近年まれに見る、まさに映画のなかの映画だ。

後輩の河合も、四月以降についていろいろ迷っていたけれど、この映画見たら何か変わるかもしれない。

語りだしたら止まらないので、このへんで。
では、また。





Jose Gonzalezの『Step Out』。
『LIFE!』で、一番印象的なシーンで、この曲が流れるンですが……。
言いてぇ~!!!
もう一度、観てぇ~!!!
スポンサーサイト
  • Comment:0
  • Trackback:0

Comments 0

Leave a reply