ON AIR#2667 “half time”

民話芸術座さんの稽古であった。
しばらく、科白の出てこない夢に悩まされていた自分も、無事に乗り越え、明日は初日を迎えられそうである。
四月の公演のチラシを持っていったら、代表が芦川さんの話をしてくれた。
『閨房のアライグマ』に出演されている芦川誠さんは、民話芸術座さんの公演に出演されていたのだそうだ。
芦川さん自身も、巡業にいく私に、よろしく言っておいてと笑顔で伝えてくださった。
(観た作品もあるけど、芦川さんの出演作品、もっといろいろ観たい)

来月13日まで続く。
今回は兵庫で泊まりもある。
短い期間ではあるが、気をひきしめてひとつひとつの公演をきっちりやっていこうではないか。
自分そのものに負けないようにね。





久石譲さんで『Kids Return』。
この打撃的リズム、すぐには模倣できそうにない音階。
あまり音楽の理論はわからないけど、映画を初めて観たとき衝撃を受けた。
東洋的でも西洋的でもない、どこにも属さない面白さがミニマルミュージックにはある気がする。
スポンサーサイト

Comments 0

Leave a reply