ON AIR#2601 “The Night Of X'mas LIVE”

こんばんは、帰宅して、明日以降のいろいろな準備をしてました。
明日は栃木へ行きます。しばしのさようなら、東京。

“STRAYDOG” X'mas LIVE!
ご来場くださいました皆様、本当にありがとうございました。
15時の回のみの参加になりましたが、非常に楽しい時間をすごすことができました。
Twitterにもたくさんのコメントをいただき、とても嬉しかったです。

hi-totekku.jpg

みかさんから頂きました!
中身はヒートテックタイツでした。
早速、江戸村で使います。
サイズも、全然問題なかったですよ?
ありがとうございました!!

劇団の方々だけでなく、いろんな事務所からゲストが参加していまして、開演前の段階でも、写真撮影に関する注意などはそんなにしてなかったにもかかわらず、誰もが無遠慮に写真を撮ったりそういうことはせずに、マナー良く観てくれた方がたくさんいらっしゃったような気がします。さすがストレイドッグの誇るべきファンの皆様。


演ったことをここで語っても伝えきれないので、遠慮しておきますが、自分のダンスや、歌に関しては、まだまだ反省すべき点がたくさんありました。
もちろん、全員で作り上げるのがライブイベントなのはわかっていますが、お客様から、決して安いとは言えないお金を頂いてるわけですから、もっと技術を向上させて臨めるようにしないと、決して自分自身の力では盛り上げられないことを痛感したイベントにもなりました。
(もっともこれは毎度毎度というか、毎公演毎公演、感じることなんだけど)
自己満足に終らない、ショーを見せないとね。

皆様の笑顔は、励みになりました。
今後も、応援よろしくお願いしますね。



夜は、民話芸術座の二学期巡回公演の打ち上げ。
いろんな方からお礼の(あるいは餞別と言う名の)お菓子をたくさん頂きました。

2013122101170000.jpg

2013122101290000.jpg

2013122103370000.jpg


まだまだ、至らない部分ばかりの私を根気強く使ってくださる、民話芸術座の皆さんには、頭が下がります。


のびしろ、というものがもし、あるのなら、それを信じて進んでいきたい。
この一年はそれこそ、たくさんの出来事があったので、とても一言では言い表せなくて、しんどいときもあったし、あえぐように科白を吐き出していた時期は、はやく新しい空気を吸いたくてたまらなかった。
夏場、自分の言動に自信を持てず、自分の生き方を悲観して、閉鎖的な気分になったこともあった。
(家族には多大な迷惑をかけた)
でもそれもいまは、現在の自分を造るうえで必要不可欠な出来事だったのかも、と思う。
これから先、また立ち止まるような出来事が起きたときに、再び進み出せるような自分でありたい。

もうこれは何度も何度も書いていることだけど、昔から人並みに合わせることができなくて、それゆえ誰かに仲間から外されたり虐げられたりするようなことが多かった自分を励ましてくれたのは、映画や音楽、ドラマや演劇、小説だったんだよね。
(それはオトナになってからもそうだったんだけど)
だから自分も、お芝居を通じて、どこかで輪の中からはじかれて泣いている子供とか、悩んでる子供のことを、癒してあげられたらいいなと思う。

倍返しにしてやり返す必要なんかない。
自分を傷つける必要もない。消し去る必要だってない。

ひとりじゃないと、信じて欲しい。
巡業を始めてから、そんなことを願うようになった。

自分の劇団のファンの方々に、もともとアイドルとか他の芸能人のファンで、そこから演劇を好きになったひとが多いのはそういうことなのかなって思う。
作品の根底には常に確固たる物語と道筋、励ましと、優しさがあって、包むような作品が多いような気がするのだ。
自分の好きな俳優さんが、単体で孤立しているんじゃなくて、作品と融合というか、繋がっている感じがあるのかもしれない。
引いてはそれが、孤独をやわらげる作用になるのかなって……。
(役者の自己満足の舞台なんて、置いてけぼりになるだけだしね)
言いすぎかな。



今日は体がふたつあればいいのにと本気で思いました。
さて、ついに明日は、日光江戸村への旅立ちの日でござる。

では、また。




聴けば聴くほど、違った一面を感じる一曲なんですよね。
ぱっと聴いただけでは、もう離れてしまった恋人のことを歌っているようだけど、実は過去の一生懸命で青かった自分を懐かしんでるだけのようにも聴こえる。
そういう、あいまいなところを書くあたりが、稲葉さんの歌詞選びの上手さですよね。単なる切ない別れ歌のようでいて、誰でも聞けるラブソングとして確立できているから。
TAKは、アコギに関してもテクニックは最高峰で、簡単に弾いているようだけど実はひとつのごまかしのきかない美しいアルペジオとギターソロ。ここまでやわらかい表現力はなかなか出せない。Bメロのコードワークも、なかなか思いつけないな。
アウトロまで聴くと、最後は生演奏のギターソロだってことがわかる。
しかしこの動画、最後に急に夜景になるのはセット転換なのかな?
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する