avatar image

ON AIR#2688 maybe


諏訪湖SAで買ったおやきが美味しかった。
来週も、長野は岡谷市で公演を行うので、また運良く諏訪湖に来られたら買おう。

五月病になる暇もなく、矢のようにひと月を乗り切った。

他人の目を気にしながらびくびく生きていた昨年に比べ、自分らしく生活できて
はいるような気がする。

誰かと自分を比べ出すときりがないし、つらいだけだ。エゴだけが足をとる。
後ろ指をさされようが、期限を過ぎるまでは、がむしゃらに生き続けるしかない。

求められて仕事をしているという悦びが確かにある。自分の演技にも自惚れにも似た矜持を持てるようになった。
何より子供たちの、ごまかしのきかない目線が、いとおしく、同時に厳しく見守ってくれている。
能天気に見えるだけで、彼らにも彼らの抱えている迷い、苦しみがあるだろう。
そんなあの子たちに、何を届けられるか、何をできるか。

誰にでも、しっくりする世界があるんだね、って、自分がかつて出た舞台の科白にあったが、今年に入って、見つけ出せそうな気もしていて。

まだまだ、時間はある。
来月もがんばろう。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback