ON AIR#2562 I'm Lovin' It.

先日、ひょんなことから、マクドナルドのチキンクリスプを五個くらいもらった。
いただいた当時は、「やった~、これでしばらく朝飯はこれでいこ~」などと、とても喜んでいたのだが、
三日ともたず、私はうちの冷蔵庫を占領するこのチキンクリスプたちの前で、うなってしまった。

思えば、私はマクドナルドにあまり縁がないというか、好んで食べはしない。
友達ととりあえず食べよっか程度には入るけれども、
自分からあのカウンター前に並んでまで食べようとはあまり思わない。

自分が子供のころから、我が家はマクドナルドを好んで買わなかった。
というか、マクドナルドが駅前にあるような地元ではなかった。
代わりに、モスバーガーとミスタードーナツが駅前にあったので、
我が家の休日のたまのごちそうといえば、モスとミスドであった。
しかしながら、いまはどんどんうちの地元の駅はすたれてしまって、
モスはなんか変なパブに様変わりし、ミスドは最近つぶれ、いまだにテナント募集の張り紙を出したまま、いっこうに店ができる気配がない。

大学生になってから、マクドナルドはよく利用した。
というか利用させられた。
当時の部会が、とにかくマックが好きで、
何か個人的会議とあればマック、
打ち合わせといえばマック、
アイツとアイツが付き合ったらマック。
別れればもちろんマック。
ときどき、ゲームボーイなんちゃらで通信対戦をするガキや、
カードゲームするために場所を占領するバカそうな中学生には頭を悩ませたものの、
井戸端会議をするにはとにかく恰好の場所だったのである。

しかし、いまとなってはそれも昔の話で、全然利用する気にならない。

申し訳ないけど、おいしいと思えないのだ。
というか、昔より高くなったよね?
だいいち、写真より明からにレタスが少ない。
あんなすずめの涙みたいな、ヘチョヘチョのレタスを食べる気にはなれないし、とてもバリューがあるとはいえないセットのために700円もとられていられない。
というわけもあって、私は昨年の四ヶ月にわたる巡業のあいだですら、ついに一度もマクドナルドを利用しなかったのである。

それくらいマック嫌いと言って間違いない私が、
もらえるからといってホイホイもらってしまった。
貧乏人なので、文句は言わない。むしろありがたいことじゃないか。一日の食事にありつけるのである。

だがしかし。
最初の三日はなんとか朝飯にしたが、
ついに私の食欲がSOSを出し始めた。
もたれる。胃がもたれる。

そして、チキンクリスプ、辛いよ。
なんであんなにコショーきかす必要があるのかまったくもって理解できない。
一個食っただけで汗だくになってしまう。
舞台ではあまり汗をかかないのに、
辛いものを食べただけで大量に汗をかいてしまう変な体質なので、とても困る。
出勤前に汗だくになってはどうしようもない。

私の冷蔵庫には、あと二つのチキンクリスプが、
私の胃の中に放り込まれるのを今か今かと待っていた。
だがどうする……。
そのときふと、台所のすみに置かれた可燃ごみの袋に目をやる。

「明日、燃えるごみの日やん……」

私は、チキンクリスプをふたつ鷲づかみにし、
ゴミ袋に入れようとした。

だが、手をとめてもう一度自問自答する。

本当に捨ててしまっていいのか。

ついおとといの記事で、
食べ物を捨てるやつが許せないとあれだけ力説したばかりではないか。
食料自給率が致命的に低く、食料廃棄率世界一という不名誉な記録を嘆いたこの私が、
いままさにチキンクリスプを、
「食べきれないんで~捨てちゃおっかな~って思って~」
ってな感じで捨てようとしていたのだ。

だめだだめだだめだ。
一昨日30分以上書けてかいた記事はなんだったのか。
こんなんじゃ、突貫工事で政党を立ち上げて、権力のみで政界を行き来した男を味方につけ、
ドヤ顔で卒原発を卒増税を掲げたあげく、
結局仲間割れして離党しちゃった、
我が地元、埼玉県本庄市出身の、かの某滋賀県知事みたいじゃないか。

埼玉県民として、本庄市民として、
なんとしてでもそれだけは避けねばなるまい。
しかし、どうすればいいのだ、チキンクリスプ。
そのまま食べるのはどうしてももう無理だ。

しばらく考えた結果、私はある手段に出ることにした。
こうなりゃ、やけくそである。

フライパンに油をしき、
その上に、細かく切ったチキンクリスプの肉とパンを入れ、軽く炒め、
そこに菜の花ともやし。
タルタルソース(お弁当の残り)、甘酢ソース(レトルト酢豚の残り)、ポン酢、ケチャップ、砂糖、蒸鍋のたれをぶっかけ
水と入れつつ煮込んでみた。

結果が以下の画像である。

まっくちきん


ぐ、ぐろい……。
パッと見、もつの炒めみたいだ。

おそるおそる、食べてみた。
あれ、なかなかこのオリジナルソースいけるでないの。
もう一度同じものを作れといわれたら、分量がわからないので絶対にできないが、
なんとも食欲をそそる味である。

だがしかし、うーん。
どうしてもチキンが……辛い。
汗がとにかくひどい。
そしてあのマックっぽい濃い~い、
あのカロリー高いことを主張するような、あの風味だけはどうしても中和できなかった。
しかもパンも入れてたので、水分を全部パンが吸ってしまってぐしゃぐしゃなのだ。
食感は、あまりよくないな、残念ながら。

とはいえどもね、感覚だけで、ご飯と一緒に食べるおかずレベルにまでできた俺の腕を、少しだけほめてあげたい。外食の誘惑をなるべく断ち切って、うちで食べるようにしてる努力が、ちょいと報われた。
そんなこんなでとても有意義な夕食だった。
がんばればやれるじゃないか、私だって。

それにしても、である。
私はここまでマクドナルドさんをDISってよかったのだろうか……。
この業界、何が起こるかわからない。
がんばれば、努力さえ怠らなければ、いつか沢尻エリカさまの弟役で蜷川実花監督に映画で使ってもらえるかもわからないのだ。
というわけでマクドナルドさんのCMのオーディションに通ったら、
というか、オーディションを受けるってことになったら、

即刻、この記事を抹消したいと思う。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する