avatar image

ON AIR#2547 Round Zip Book Cover

このあいだ、電車の中でチャックのついたブックカバーを使って本を読んでいるひとがいて、思わずじろじろ見てしまった。
チャックがついてるブックカバー、なんて画期的なアイテムなんだろう。
私みたいに小説を読むスピードが遅い人間の場合、カバンの中に入れっ放し……ということもよくある。
何日も放置してしまうと、いろいろカバンの中にあるほかの荷物に挟まったり引っかかったりして、
ブックカバーをつけていても、ページの端が折れたり、歪んだり、変なシミができてしまったりするのだ。

このチャックつきのブックカバーなら、その心配は一切いらない。
たとえば電車の中で読んでいて、降りる駅の手前で本を閉じて、チャックを閉めてカバンのなかに入れちゃえばいいのだ。
タバコを吸う人が、箱がつぶれたり葉がこぼれないように入れるポーチみたいに、カバンの中に安心して突っ込めるわけだ。

本をポーチに入れる、しかもブックカバーという機能までつけて。
そんなアイデアを、まったく私は想像していなかったので、度肝を抜かれた。

一応、ラウンドジップブックカバーというやつらしい。

http://worldcp.co.jp/index.html

上記のURLには、そんなラウンドジップブックカバーがずらりとありました。
調べてみれば、ラウンドジップじゃなくても、フツーのブックカバーも、かなりいいデザインをしている。

それに、値段も\600~700と、かなり手ごろだ。
(私のいま所持している愛用ブックカバーは三つとも1500円前後である)

本よりもブックカバーが好きと言っても大げさではない自分にとっては、
これは喉から手が出るほど欲しいアイテム。

ただ、ネット通販はなんか苦手というかなんというか。
実際に手にとって確かめたい。
どこか店頭販売していないものかなあ。


店で見かけたというひと、ぜひぜひコメントください。


しかし、このラウンドジップブックカバーを最初に発案したひとは、誰なんだろう。
本当に偉大だよ。
スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply





管理者にだけ表示を許可する

Trackback