FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR♯24 ~明日を生きる子供に 何をあたえりゃいい?~

フリートーク
  • comment1
  • trackback0
僕に出来るだろうか・・・?



今日はテンションが低い一日でした。
何かとこれからの大学生活のすごし方や、ハタチを越えてからの自分の生き方、社会人になってから、老後は・・・と考え出すと自分が情けなくなってきまして。不安なことだらけです。
今日は、先月の、こどもの日に言いたかったことを言います。

最近電車に乗っていると、某A光ゼミナールの広告が目に付きます。僕のブラジを見てくださっている方の中ににA光をやっていた人がいらっしゃったら申し訳ありませんが、僕はA光の広告が大嫌いです。

「授業中ボンヤリ73%」「イランは・・。日本は。。」という、いろんなデータを元に、日本の学校教育の問題点を言っては、A光の良さを宣伝する。

でも、イランやら中国やら韓国やらの子供と日本の子供を比べて何になるというのか、というのが僕の疑問でもある。たしかに日本の教育というのはいろいろと改善すべきところは大いにあるのだろうが、同時に文化の違いでもあるのだから、というのが僕の考え。
それと、子供って第三者に比べられたくない、という気持ちがあると思う。自分で自分と誰かを比べるのは平気だけど、他人に比べられるのは嫌なんじゃないかな。
自分自身、他人に比べられたくはない人間だから、あの広告は日本の子供たちに失礼だと僕は思うのですよ。

それと、ずっと前の筑紫さんの出てるNEWS23の「こどもの日特集」でやっていたのですが、最近では私立小学校での英語教育が徹底しているらしいじゃないか。国語の授業以外では英語だけ話すという私立小学校があるらしい。

これも、文芸学科の自分としては哀しいものがあるんです。

確かに英語は知っておくと本当に便利だし、自分もペラペラ話せるような人間になりたい。でも、同時に、自分の育った国の言語も、とても重要です。少なくとも僕は、自分の国の文化をおろそかにしてまで英語にこだわることに疑問を感じます。あんなに素晴らしい日本語の文化がこれから生きる子供に植え付けられないのかと思うと無念です。

それで英語オンリー小学校から帰ってきたら、ずっと机の上で数学のオベンキョウをやっているんですね。公文式はもう高校レベル。本当に私立小学校の子はすごい。

でもだからこそ、公文式は中学生になっても小学3年の算数と国語をやり、高校のときにテストで数学6点をとった自分は、ひがみ半分で思うのです。近い未来、僕らが眠る土の上で生きる子供たちのために、自分は今何をすべきなのだろうと。本当に真剣に考えます。でも見つからない。もどかしいです。

日本の親たちは、NEWS23で英語オンリー小学校のあとにやったもうひとつの特集、子供の体力低下については見てみぬふり、自分の子供を部屋に閉じ込めておくのでしょうな。それが果たして愛なのでしょうか。

日本の教育機関も、これからは「できる」子供を育てる教育環境を作っていくそうですね。どこから「できる」で、どこから「できない」のか、本当のところは何も判らないくせに、ただ知識がある子供たちだけを優遇する社会にしたいそうですよ。知識のない子供は下で働いてくれればいいんですって。


世も末ですね。


曲はMr.Childrenで「So Let's Get Truth」です。アコギで歌いたいかっこいい曲ですが、歌詞は重い。

“子供らはたんこぶ作らず遊び
隣に習えの教養を
植え付けられて顔色を見て
利口なふり利口なふり利口なふりをするが
やがて矛盾を知り苦悩したり試行錯誤する
So Let's Get Truth・・・・・・”

448s.jpg
スポンサーサイト



Comments 1

のび太は受験生  
電車の話

あと、武蔵野線をはじめとした日本の駅の混雑は、世界遺産に指定したいです。モノじゃないけどね。

2005/06/06 (Mon) 23:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply