ON AIR#2337 CRY CRY CRY

ちょっと日にちが前後してしまうのだが、
先日、泣ける映画を教えてと、訊かれた。

だが、泣けるという表現が、なんとなくよくわからなくて、
選出するのに時間がかかった。
大事なのは、泣くことができる映画より、
泣いてしまう映画なんではないでしょうか。

映画『キッド』でブルースが言ってたけど、
大人になっちゃうとね、泣きたくても泣けないようになっちゃう。
泣けるかどうか、なんて、結局は観るひとの琴線しだいだもんね。

なんで、基本的に、泣こうと思ったり、笑おうと思って映画を選ばないのが、僕の基本。
目の前にある観たい映画を観るだけです。

そう考えると、『リトル・ミス・サンシャイン』なんて、
思わず泣く映画としてはマスターピースですね。

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する