ON AIR#2243 Still, it is not the dead end.

森岡さんが監督した映画の試写。
僕の名前も、クレジットされているのが、非常にこっぱずかしい。
内容は、言えないのだけれど、
いま、自分の抱えている想いみたいなものが、怖いくらい重なって、
ちくちくちくと、
とても小さな針を飲み込んでしまったかように、心に残って刺激していく。

そんな映画だった。
いま、なにも成し遂げてない自分が、情けなくて、悔しくて、
たまに、もうどうでもいいやと、投げ出してしまいたくなるけれど、
行き詰っても、とにかく続けていれば、笑えていれば、
いずれ、妥協でなく、納得のいく道を、進むことができるんじゃないか。
きれいごとじゃなくて、そうなればいいなって、思った。

「ちゃんと蓄積されてればオーケーなのですよ」
と言ってくれたひとがいて、とても嬉しかった。
いま、理想の自分じゃないのは、きっと自分のせいだけど、
でもだからこそ、自分を、もっとしごいて、
経験値をためていこうと思うのですよ。
蓄積、できるかな。
積み上げた気持ちが、いつか、誰かの心に届きますようにと。




夢を問われ 答えられないのは罪でしょうか?
何もできず 一日が終わるのはダメですか?
どんだけ似ているように見えても
昨日と今日は絶対に違う

スポンサーサイト

Comment

Leave a Reply


管理者にだけ表示を許可する