FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1854 ay

働けど働けど
  • comment0
  • trackback0
今日は稽古のあとバイトでした。
トルキッシュレストランのバイトです。
皿がめっちゃ重いので軽い筋トレになっています。
いちいち教えてもらえるわけじゃないので、仕事は見て覚えないと話になりません。

のびは頑張ってますっ。慣れない環境にも順応しなければね。
スタッフさんの名前もなんとか覚えないといけない。
会話をしっかり聴いているけど、名前聞き取れないんだ。

そんな今日は月が綺麗だったね。
バイト先から、大きい月が見えました。
「月」はトルコ語で「ay」というらしいよ。

店内のスタッフで、ジャパニーズは、当然僕だけなのですが、
店員さんはだいたい日本語しゃべって会話してくれます。
でもだいたい会話はトルコ語ですね~。
いつか楽にリスニングできたりしないかなあと思ってます。

で、一人だけ、まったく日本語をしゃべらない店員さんがいるわけですよ。
会話から察するに、ライさんという人。

でも何故か彼が一番僕に仕事を教えてくれます。
つまり全部英会話です。
たがいに英語がたどたどしいので、ときどきコミュニケーションがとれなくなります。
でも根性で会話していますよ。
この人としゃべれたら面白いんだろうなあ。

今日もお客様に何事か話しかけられて、僕に、
「通訳してくれ」的なことを頼んでくれましたが、僕もなにぶん英語力がないのです。

でも思うのですが、びびってちゃ、外国人と仲良くはなれませんよ。
グラミー賞とったTAK MATSUMOTOだって、英語を覚えたてのころは必死だったでしょうけど、びびらずチャレンジした結果だと思うんです。だから、今となっては、ラリー・カールトンや、エリック・マーティンと仕事できたりするわけでしょう?

僕もびびらないことにしようと、心に決めました!

そんな日本語をまったく話せないライさんと、トルコ語をまったく話せない僕なのですが、距離が縮まったエピソードをひとつ。

店長さんたちは僕を「タジマサン」と呼んでくれるのですが、
日本語を話せないライさん、必死に僕と店長の会話の内容を聴いて僕の名前を覚えようとしてくれてたようです。

で、今日。
ちょっと慌しい時間帯に、僕が一階で仕事してるときに、ライさんが階段から僕を呼んだんです。

「たじー! たじー!」

それストレイドッグでの俺のあだ名やないかぃ!
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply