FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1798  プライオリティとは

舞台
  • comment0
  • trackback0
・なんだか最近、ブログ拍手をかなりもらってて嬉しいですね。

今日も『メイクルーム2』の公演でした。
ソワレ(夜公演)のみです。
たっぷり寝て、行く前に大好きなB'zを聴いてテンションあげて行きました。

クリスマスイブにも関わらず観に来てくださった皆様に恥ずかしくないように芝居ができたなら何より。
ありがたいことに知り合いが急に何人も来てくださって、心が明るくなりました。

本当にありがたいですよ。
芝居をできるシアワセをかみ締めています。


・夜は森岡さんと森川さんを含めた数人で、居酒屋でいろんな話を聴くことができました。
今回、森岡さんが、僕の役について、アドバイスというか、たくさん思うコトを言ってくださっているので、すごく嬉しいです。


・僕らはプロを目指してるわけだから。
科白とちったならそれこそ家で何回も科白を練習したらよいのだよ。
台本をもう一度読んだらいいのだよ。
ミザン(動線、つまり役者の動きのこと)をとちったら共演者と本番前に合わせればいいじゃない?

つまりは小屋入り中はとにかく芝居のことを考えてないといけない。

こういう言い方をしては、ムカつかれたりして、語弊があるかもしれないけど、
お客様の差し入れや、劇場のお花とか、ブログ用の写メとかを撮る前に、マチソワの間に仮眠をとる前に……もっともっとやるべきことがあるか、考えないといけないんだ。
お客様に対する感謝の気持ちは……そういうことだけじゃないと思う。
それより、自分の芝居をもっとよくして、もっと感動させられる芝居を見せることが、
応援してくれた人、来てくれた人に対する恩返しなんでないの?
そうじゃなきゃ、失礼だよ。

とくに僕の場合はね……。
堀之内良太先輩が言っていたしね。
「自分の芝居の敷居を下げちゃダメなんだよ」と。

そう、自分の目指すところは常に高くありたいんだ。

僕は人と違うことをしないと生き残っていけない。
平凡な幸せなんて選ばない。

何度も言います。
悔しさをバネにしなきゃいけないんです。
もうこれ以上、自分の甘さに負けたくないんです。

ステージの上で、お客様に感動を届けるのが、今の僕の幸せなんだから。

うわべだけの気持ちはもうしゃべらないよ。
本当に言いたいこと、伝えたいことを、舞台で表現したい。

残すステージは4回。
明日は昼と夜の公演!
劇場で待ってます。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply