FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1795 ま

舞台
  • comment0
  • trackback0
・役者個人の思う「間」と、お客さんの思う「間」って、違うと思うんです。
『ぼくんち』、『女神の失脚』と出演させてもらって、その間にいろんな舞台を観て、
特に間の大事さを追求しようと思うんですよ。

決して、笑いどころとか、コント芝居とか、そういうシーンだけでなく、すべての芝居において、何より役者は「間」に注意しなくちゃならんのかな、と。

『女神の失脚』とかでも思ったけど、役者の気持ちいい間と、お客さんの気持ちいい間って違うんです。
で、自分の「コレ」と思う間も大事なんですけど、ずっとそれだけでやっていくと、全体にズレが出てきちゃうんですね。
だからどっかで、客観的に自分の間を考える必要が生じるんです。お客さんの気持ちいい間に準ずることも、大事なんです、やっぱり。
才能で、それができる人もいるんですけど、やればやるほど、そういうことに気づかなくなるもんですから、多くの役者は。

僕は、自分の間だけでやらないということを最近こころがけてます。
ときには共演者の思う間で、もちろん演出家さんの思う間も入れ、
お客さんの気持ちい間がどこか探っていくんです。

難しいんですけどね、これ。


・ついに……ついに、明日が『メイクルーム2』初日です。
もう、初日なのかという思いがあります。

役者にとって何よりもの幸せは、思い入れのある舞台にたくさん立てること。
ノルマみたいに舞台をこなしても、何も手に入れられないんだよ。
気持ちを注がないと、結果という花は、ぜったい咲かないんだ。

こんな素晴しい舞台に立てるチャンスはめったにない。
『メイクルーム2』に立てることが、チューさんとして生きることが、嬉しい。

だからこそ、初日を迎えようとする今が、早くも、寂しいです。
始まりは終わりでもあるのです。
でも楽しまなくちゃ……ね。

みんな来てね。
劇場で待ってるよ。
感動を、届けよう。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply