FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1783 稲葉さん

僭越ながら
  • comment0
  • trackback0
・記事のタイトルにあまり意味はありません。
1783だから稲葉さん。


・ちょっとだけ、楽天イーグルスの話をさせてください。
渡辺直人選手が金銭トレードで横浜ベイスターズへ行くことに……。
彼が守るショートのポジションに松井稼が入団、そして岩隈の移籍がオジャンになったことが原因かと思うんだけど。
数少ない生え抜きの選手で、本人も仙台にはかなりの愛情を持ってプレーしていただけに、残念なニュースでした。実際、渡辺直人選手も、会見では涙をボロボロ流していました……。
契約更改も終え、松井に負けまいと自主トレに励んでいた矢先の出来事。
彼の悔しさを思うと、球団経営の残酷さに怒りを感じないでもない。

抗えど抗えど、どうにもならないことが、世の中にはあるのだと、思い知らされる。
それでも、楽天を応援する人なら誰もが好きだったであろう渡辺直人が去ってしまうのは、やりきれない。


・プロ野球に限らず、社会なんてそういうものなのかもしれない。
何かに所属する以上、そういう恐怖は常にあるのだ。

僕なんて、まだ恵まれている方なのだ。

前の記事で、芝居のことしか考えてないみたいなこと書いたけど、

そういうどーでもいいことで悩んだりもしています。

人だからしゃあないっすよね。ね。

でも24歳になって、割り切りみたいなものがついてしまった。
とりあえず、5年前にはなかった、諦観みたいなもの。
それが良いのか悪いのかよくわからないけれど。

振り返ると、サバサバしたオトナを目指し、かっこつけてはいたものの、結局ガキだったのですよ。
諦めが悪いというか、しつこいというか。
ジメジメした地面を這うナメクジみたいな、そんな生き方をしてたんだ、と思う。

今はどうなんだ。
べとつかない心を持てていいと思うけど、
代わりに心が涙を流さない性格になってしまった気もする。

僕は仮面をつけていないか。
能面みたいな顔をして、ぎこちない笑顔を作ってさ。

何を想うにも、冷ややかになってはいないか。

いつも自問自答しておるのです。


・明日から、『メイクルーム』本番。
打ち込みで、演出の森川さんと話していたんだけど。

『メイクルーム』で僕が演る、中東と、刑事という役は、個人的にはホントに気に入っていて、
すごく愛着を持って演じられている。

それだけに責任も重く、難しいのだ。
明日から始まるのは再演の方だけど、
新作の2ではね、森川さんが、さらに愛を持って僕の役を書いてくれたのが分かるから。

ネタバレはできないので深く書けないのが残念だけど、ホント、すごく繊細な部分を背負っているのだ。

役作りに終わりはない、ということです。

さて、寝るとしますかね。

劇場で待ってます!
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply