FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1677 嗚呼、青春の居酒屋の日々

働けど働けど
  • comment0
  • trackback0
・江古田駅周辺の再開発の波は、ちゃくちゃくと僕たちの親しんだ風景を飲み込もうとしている。

書くのが遅れてしまったのだが、例に漏れず、僕のバイト先も、今年いっぱいで、30年続いてきたこの江古田での営業を終了することになった。

来年一月から、新店舗での営業がスタートする。
それが江古田になるか、それ以外のどっかになるか、まだ分からないけれども、とにかく、僕が三年以上お世話になったお店の風景は、なくなってしまうことになる。

寂しい。
この上なく、寂しい。

かつて僕が通っていた日芸の江古田校舎が、跡形もなく新校舎に変わってしまったことも、それはそれで寂しかったけれど、所詮それは学校で、廃校になるわけでもないし江古田から移転するわけでもない。それに「学校」という形態は変わらなかったわけで、変わったところで学校生活は続けられた。

でも今回は……。
新店舗になれば、仕事の内容もそれなりに変わってしまうだろうし客層も変わる。場所も変われば自分自身や、バイト同僚の生活まで変わってしまう。
何より自分自身の、辛かったことも含め、いろんな記憶が蓄積された場所でもあるので、やっぱり言葉にしがたい想いがこみあげるのである。

奇しくも、ちょうど開店から30年。
日本人っていうのは、ほんと風景を大事にしない人種だなと思う。
65年前の戦争で一度、日本の風景なんてのはぶっ壊れてしまっているので、風景もへったくれもないのかもしれないけど。
それでも僕にとっては30年ってのは重いのである。


・毎年、年末には大掃除をして来年の営業に備えるのだけど、今年は、必要なくなっちゃうんだなぁ……。

僕のバイト先を知ってる皆さん。
あと数ヶ月もすれば移転してしまいますので、よかったら雰囲気を記憶にとどめるためにもいらっしゃってください。

漏れなく、僕の舞台宣伝もついてきますが。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply