FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1589 貫ける意志

働けど働けど
  • comment0
  • trackback0
・昨日観た舞台で、思い出したこと。

こちらスーパーうさぎ帝国、まぁ知ってる方もいらっしゃるでしょうが、この劇団は日大芸術学部演劇学科生を中心に結成されたので、二年前、僕が初めてこの劇団の舞台を観たころは、よくキャンパスで見かける演劇学科の子たちが舞台に出ていた。まぁバイト先が当時は演劇学科の人がたくさん来てたんで、知る機会はかなりあったんだけど。

で、昨日久しぶりに観たときに思ったのは、その僕の知ってた日芸の演劇学科の学生だったメンバーがだいぶ減っていたということ。
HPの劇団紹介にも、日芸の演劇学科生を中心に結成、みたいなくだりは消えていたし、やはり10回目を迎えてもはや学生のノリじゃないところを目指し始めたのだと自分勝手に思ったりもする。

そういう意味では松下クンはだいぶ古株である。それに劇団員だし。
昔一緒に彼と芝居をやってた人の中には、もう役者を辞めてしまったり、もっと言えば演劇自体から足を洗ってしまったような人も、きっといるだろう。

苦楽をともにした仲間がいなくなっていく寂しさがあったのかはわからないけど、好きな劇団で自分の芝居をやれているということはシアワセなことだと思う。そして続けていくことの凄さ、素直に尊敬できる。
辞めていったヤツらより、芝居に賭ける情熱が高かったってこと、いつか証明して欲しいな、と思う。


・バイト先にて。
バイト終わり、常連の踊りの先生(日芸でも日舞の講師をされてます)と話す機会があって、ずいぶんと、応援されたのだ。
先生の授業なんて一回も受けたことがなかった(まぁそもそも学科が違うからね僕)のに、いつも気にかけてくださって、ありがたい限りである。

実は明日オーディションで……そんなハナシをしたらずいぶんと教えられたんだけど。

自分では当然わからないのだが、僕は他の人と「目」が違うんだって。
やる気における目なのか、才能における目なのかわからんけど、先生が自分の意志を買ってくれて、すごく嬉しかった。

長年いろんな人を見てきた先生の言うことは間違いじゃないのかもしれない。
もっと自分に自身を持っていいのかも、と思えたよ。

明日はオーディション。
科白は叩きこんだ。
がんばります。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply