FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1567 祝・5周年!

僭越ながら
  • comment6
  • trackback0
・あ。

今、気づいたんです。

昨日の5月6日の記事をもちまして、めでたく(?)、この「BLOG RADIO -のび太のラジオコンタクト-」というブログも、5周年を迎えていたようです。

ON AIR#0から始まって、実に1500を越える記事を、のらりくらりとでも今日まで継続して書けたことは、たとえ単なるブログであれ、誇りに思っていいことなのかもしれません。
周りが、更新を次々と休んだりしていく中(友だちにいたっては3回くらいブログを変えている。今のブログですら更新ストップ中)、僕なんか、mixiとかtwitterには目もくれずに、このfc2でお世話になってます。

でもこうして改めて過去記事読んでみると本当に恥ずかしいね。
思い出話になりますが、ブログやり始めた頃はミュージックポーターとかいう携帯を使っていたんで、画像も小さめです。
そんで、だいたい映画の話して、オーム研の話して、最後には好きな曲のことを書いてました。
トラックバックをやたらいろんな映画ブログにやったりしていたのも今となっては懐かしい。

ついでに書いとくと、当時は文芸学科にいたのもあり、いろんな人の文体をマネして書いたりする時期があった。
原田宗典さんや宮部みゆきさん、重松清さんなど。
やたら無理して面白いこと言おうとしてスベっているのは、だいたい原田さんの文体のパクリだったりする。

コメントも、今となっては常連の親友「河」ちゃんは「ジン」だったし、尊敬する先輩「おれんじ」さんは「みなみなみ」だったし、辛いときの頼りになる女友達「かさぶた」もバリバリ「siasatte」から「じゃまこ」街道を突っ走っていた。まだまだ、劇団の仲間と知り合う前だし、もちろん「野比玉子」さんにブログがバレる前の話である。

「河」は、「ジン」である前に、インターネットラジオをやっていたのもあり、初コメのネームは「リラックマ@はぐれ関西」である(ちなみにその次は「貯蓄貯金魚」)。しかもやたら絵文字が多い。読み返してみて、コイツ誰だと本気で思い、この人が「河」だと気づくまで時間がかかった。
この四年間で、何が「河」を変えたのであろう。たぶんねとらじをやっていたことすら、本人は覚えていないんじゃないかと思うほどである。そして、このブログを読んだ彼は赤面することだろう。ごめんなさい。

ブログ開設当初は、カマネコの「黒猫」さんも昔はコメントしてくれていた気がするし(今は僕が彼女のブログにコメントばかりしている、完全に片思いである)、「ししの」嬢も「クロ」ちゃんも「ノリダー」も「きょろ」ちゃんも、「no_cream」までもコメントくれていた。しかもびっくりした。「はるちゃき」さんも、コメントくれていたんですね。

みんな暇だったんです。

MSNメッセンジャーがめちゃくちゃ大流行したのはなんだったんだろう。
みんなアノ頃は、あのチャット感が、便利で、もの珍しくて、楽しかったんだろう。
結局なっていないが、自転車のメッセンジャーになりたいと思うのも、ずっと先である。

でも最初にこのブログにコメントくれた人は、全然見知らぬ、「tsukasa」さんという人だった。
まだ右も左も分からない大学一年生の僕にいろんなアドバイスをくれたこと、感謝しています。

そして、『つるの剛士のBPR5000』という番組が縁で知り合った「じんのすけ」さんも、今は何をやっているんだろう。ラジオパーソナリティーはあきらめたんだろうか。まだブログは書いてるので連絡欲しかったりもする。
この頃は、BPRが終了したばかりで、他のBPRリスナーが、非公開コメントで、たくさん応援のコメントをくれている。しかも、当時30歳をゆうに越えた先輩トラッカー(トラック運転手のこと)である。
今、読み返してみて、すごく感動した。
今僕は、まだブログを書いてるし、しかも役者として今は頑張っている。よかったらまたご覧になって欲しい。最近の僕の活動を……。
はかない望みだろうか。グラドルと共演できるくらいにまでは成長できたのにね。
ほんと、別れが訪れてから、ようやく、大切にするべきだった絆に気づく。

他にも、「ca14」先輩のコメントもある。「モンコ」先輩、「オーム研OGさっこ」先輩のコメントまで。当時1年生のブログにわざわざ先輩がコメントしてくれるなんて、ほんとうにありがたかったことに、今、ようやく気づいた。
「さっこ」さんは、晴れて声優だが、「モンコ」さんは今、何をやっているのだろう。

最近だと、「通りすがり」という人がずっと僕を励ましてくれたりもした。
「人生でちょっとだけの接点」てなんだ?
それと、「ベアトリーチェ」も最近コメントくれない。やっぱり勉強が忙しいのか……。

だらだらと、いろんなことを走馬灯のように思い返しました。
でも、5周年だからといって、なんら特別なことをするわけでなく、今日も、あったこと、思ったことを書きます。
いろんな紆余曲折を経て、今日まで、そして明日からもできる限り続けることが、5周年を迎えたことに対する祝福だと思います。
これからもよろしくお願いいたします。



よし、こうなったら書籍化だな。うん。



・映画の件。
やるかもしれないし、やれないかもしれないので、なんともいえないんだけど。
なんか、ホンが完全に決まってないらしい。
で、埼玉にいるときに、母親や姉に、

「俺が卒業制作で書いたホンって、地元を舞台にした話なんだいね」

と言ったら、

「売り込んじゃえばいいじゃない」

と口をそろえて言う。

えらくカンタンに言うもんである。
だが、言われてみれば、先方が求めているものと、条件に合っているといえば合っている。
家族の後押しもあり、ダメ元で送ってみることにした。

一応、賞ももらっているのだ。
自慢じゃないけど……いや、自慢だ。
実際、もらったときはちょっと嬉しかった。

新人シナリオコンクールみたいなでっかい賞じゃないけどさ。


・江古田マーキーには9日出演の、斉藤哲夫さんの曲が流れていた。

カマネコニウムのライブを観た。
ここまで来ると、もう完全なファンである。
実際、そこいらのアーティスト気取りなんかより、いい曲を歌うし、確実にお客さんを呼んでいる。
或る意味、それは彼らの人間的魅力なのだろう。
南さんも観に来ていた。結局遅れて観られなかったのだけど。

彼らはもうすぐ制作期間に入るそうだが(HP調べ)、いつもは月に2度のペースライブをやっている。
知り合いにチケットを売るのは大変だろうけど、結局そういうことの積み重ねでしかない。
たとえ知り合いだって、良いと思ってくれればまた観に来てくれるし、良くないと思われれば観に来ない。

僕はカマネコニウム、すっごいいいと思うんだ。
純粋に、音楽として、いいものを作っていると思う。
『月下花火』『哀愁的東京』……。

メンバーの黒猫には言ったのだが、笑って歌えるような曲って、すごく重要だな、と今回のマーキーを観て思った。
みんな、じっと聞き入るような名曲はけっこう作れるけど、聞いているみんなが笑っているような曲というのはあまり作れない。

決して「笑って歌える=アップテンポで明るい曲」というわけではない。
言わばさっと街に流れて、有線で流れているうちにみんなが口ずさめるような、風のような曲。

今話題の、『トイレの神様』なんて、そういう曲じゃない? 決して明るいだけの曲ではないのだけど、きっと聞いた人は、笑顔になってくれるだろう。

実はそういう曲だからこそ、作るのは大変で、でも大変だからこそ、できたときは観客の心を捕らえる。

それがいつの間にか、手拍子というカタチで現れてきたりするんじゃないかな。
誰も彼もが初めから手拍子をもらえるわけじゃない。地道な、地道な活動の果てに、観客の心が一体化し、そのうえでもらえるものだと思う。
アンジェラ・アキさんだって、きっと最初は大変だったろうな(Wikipedia調べ)……。

自分勝手にベラベラとしゃべってしまったけど、結局、ステージの上で食いたい人たちは、そういう努力が絶対必要になってくる。フットワークを軽くして、いろんな人に自分という人間を見てもらうのだ。
当たり前だけど、努力しないで成功できる人なんて、そうそういない。

カマネコさんに言うフリをしながら、そう自分に言い聞かせています。
スポンサーサイト



Comments 6

河@ジン兄さん  

懐かしい話を書いてるぢゃないか。

ねとらじをしてたのは、もちろん忘れてないよー!

本当は復帰したいんだけど時間がねー。

まぁねとらじをしてたのは、あの時はしゃべる仕事をしたいなーって思ってたのが大きいかなぁ。今はもうそんなこともないけど、ねとらじきっかけで知り合いになった人も結構いるから、自分にとっては貴重な経験だよ!

2010/05/08 (Sat) 20:40 | EDIT | REPLY |   
かさぶた  

どうも。ブログと名前を変えまくり~なかさぶたです(笑)
暇人なのでこれからもコメします(笑)
のびちゃんはあんまり分からないかもだけど、
あたしはのびちゃんにすごい救われたときがあったのです。


だから、あたしは一生のびちゃんファンです
でも、恋はしないので安心して下さい(笑)

2010/05/08 (Sat) 23:49 | EDIT | REPLY |   
かさぶた  

二個書いてごめんね~
あたしも卒論は佳作でしたがもらいました。他は常連メンバーばかりだったので、さりげなく喜びました(笑)
どこかに投稿しようか検討中です(笑)

2010/05/09 (Sun) 00:27 | EDIT | REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>河@ジン兄さん

いや、なにげに、河ちゃんのトークは面白かった。
スカイプとか、メッセとか、懐かしいよね。

河ちゃんのあのトーク力が、舞台音響という世界で、コンスタントにコネクションを作れている礎になっていると思うのだが、どうだろう。
その世渡りのウマさ、誇りに思っていいことだと思う。

僕も、愛嬌のある人にならないといかんな。

2010/05/09 (Sun) 05:18 | EDIT | のびさん">REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>かさぶた

いつもありがとうございます。

いやーこんな僕でも誰かを救うなんてことができたんですね。
素直に嬉しいですよ。どうもありがとう。

舞台もなんだかんだでよく観に来てくれてるし、この感謝の気持ちを、ステージの上での感動として返したいと思います。

不倫するスキルも勇気もないですが、僕もかさぶたさん好きですよ。

2010/05/09 (Sun) 05:30 | EDIT | のびさん">REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>かさぶた

いやいや、二個でも三個でも大歓迎です。

え! そうなんか。おめでとう!
是非どこかに投稿してみてよ。
なにごとも、挑戦してみることだよね。ほんと何が何に繋がるか、わからないし。

しかし、僕のホンが本当に上映されたら、奇跡としか言いようがないね。
ちょっと、祈っちゃったりしています。

2010/05/09 (Sun) 05:42 | EDIT | のびさん">REPLY |   

Leave a reply