FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1550 しゃべりば

働けど働けど
  • comment2
  • trackback0
・気候の影響で、野菜が高い。
僕の中で、卵ならココ、お米ならココ、というふうに、一応行く店は決まってるんだが、野菜だけはどうも……。
新じゃがも、新たまも、もっと安かった時期があると思うのだが。
中でも、好物トマトが高いのが、きつい。
ここのところまったく買ってない。


・バイト先。
武蔵○学の生徒と思われる子たちが飲みにきてて、まぁ熱く語っていた。
就職活動生なんだろう、話題は就職と日本の若者の未来で、
「このままじゃ日本は崩壊する」だの「日本は腐ってる」「時代が悪い」だの、言っていた。

いや、ほんとなんでござる。
「縛られて死ぬ前にやりたいことをやるべき」とかね。

したらば、カウンターで飲んでいた、常連のおじさんが、実は某大手出版社のお偉いさんなんだけども、その人が急にその子たちにありがたいハナシをし始めた。

なんかそれは珍しい光景だったのだが。
僕は、傍から見りゃ、ドロップアウトして「やりたいこと」だけやってバカを見てる人なんで、まぁ僕はマジメじゃないからね、というような、そういうテキトーなハナシを、一緒にバイトしてる子(その子も武蔵生である)にしたら、

「まぁ、本当にマジメな人はもう就職決まってますからね」

と、わりと冷ややか。
まぁ、時代のタイミング、いろいろあるけど、頑張っては欲しい。

けれど、その学生さんたち、お会計して帰るとき、誰一人そのお偉いさんに挨拶しないで帰って行った。
そういう部分が、なんか足りないと思ってしまうのは僕だけだろうか?


・バイト終り、コンビニでコーヒーを買ったら、入り口付近で、40もとうに過ぎたであろうおじさんが、20代くらいに、

「今日はよろしくお願いします……えっと僕は何をすればいいんでしょう?」

と挨拶していた。
たぶん、あしたからココで働くのだろう。

若いバイト店員も、「えっと、店長が奥にいるのでまずはそこから聞いてください」みたいなことを話している。

その様がなんとも……。
そのオジサンの風貌、様子から、今日バイト入るまでの過去がだいたい想像できてしまって悲しい。


・せっかく正社員になっても、組織は最後まで自分の面倒を見てくれるわけじゃない。
不必要となれば、あっさり捨てられる。
不況不況とわめかれる中で知ったことのひとつ。

会社にもたれっぱなしではいけないことに早く気づかなければ、自分で自分を立たせないといけないことに気づけなければ、あとで痛い目を見る。

組織に行かなかったので僕は崖の上をフラフラしてるわけだけど。
でも、急に奈落の底まで落とされて、悲観して自殺してしまうような心配もない。

さて、どっちがいいんだろうね。


・バイト前に、テレビで、寿町の特集を見ていたけど、ほんと、やりにくいタイミングなんだ、2010年。

今日悩んでいた武蔵生に、この曲を贈りたかった!


スポンサーサイト



Comments 2

河  

真面目=就活決まるの早い

なんて全然嘘だと思うけどね。

目標があって、それに向かってがむしゃらになってるんなら、企業内定者も、うちらみたいなフリーな人も、輝き方は自分次第だよ。

挨拶できない人はとにかく増えているよなぁ。

2010/04/21 (Wed) 12:00 | EDIT | REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>河

確かにそうだね。
マジメだからこそ、いろいろ悩んでいる人も見るわけで。
目標は見失いたくない。

挨拶は大事だね。
或る意味シゴトって全部挨拶からだね。

2010/04/22 (Thu) 01:56 | EDIT | のびさん">REPLY |   

Leave a reply