FC2ブログ

ON AIR#1476 サイタマノヤクシャ

・朝9時には都内某所の稽古場に着かねばならぬのに、今回二度目の遅刻をする。
幸い、今日はダンス稽古でそこまで関係はなかったのでよかったものの……。
深く反省。


・稽古終り、一度家に帰ってから、近所の病院に向かう。
ようやく検査を受けることができた。
血液検査までしたけど、一応大きな異常はなかった。軽い気管支炎になるその前の段階みたいな、そんな中途半端な感じらしい。クスリをもらって帰宅。
しかしながら、東京の病院ってホントにでかいなあ。人もうんといた。
いったい何分待つのやら。順番待ちの間、ずっと寝てた。

ここのところ病気という病気はほとんどしていないので、病院の検査での手順とか、まったく分からなかった。
僕も年食えばいつかは病院のお世話になるかもしれないわけで、いい社会勉強になりましたとさ。


・夜は、友だちのヒビノ君に誘われて、江古田にて飲み。
僕は、上述した通り、クスリのせいでお酒は飲めなかったのだが、ヒビノ君に加え、仲のよい後輩が何人かいて、楽しい時間を過ごせた。ちなみに江古田の『ちあき』というお好み焼き屋さんで食べてたんだけど、安くて雰囲気もよく、これから行くことが増えそうなお店であった。

四文屋2000円→ちあき2000円→鳥貴族2000円。
すっごい金使ったけど。いい仲間といまだに飲めるのは幸福なことである。心からそう思う。


・みんなにチラシを配ったけど……チケットが売れないのはちょっと焦り始めていて、値段を安くすることも考え始めている。
僕らは3000円もらって恥ずかしくない芝居を作るため毎日稽古をしているわけで、それだけに芝居の値を下げるのは個人的には悔しいのだけど、大人の事情もあるのでね。
四文屋でたまたま、別の後輩に居合わせてチラシを配ったけど、後輩は、

「またジパングステージだったら観に行きたかったんすけど、今回はチョット……」

ということらしい。
なんでもジパングさんを凄く好きになってくれたらしく、それはそれで嬉しくはあるのだが、結局今回の芝居には乗り気ではなさそうであった。涙、涙である。


・飲み会には、河内クンも忙しい中、来てくれたんだが、シゴトができて途中でまた帰っていった。

なんでも、彼は今、入江悠監督とシゴトをしているらしい。

埼玉県深谷市出身、熊谷高校出身、日芸映画出身の、『ジャポニカ・ウィルス』を撮った監督ね。
この映画のエキストラとして出たことがある河内クンと僕なのですが、めぐりめぐって、河内クンは入江監督とシゴトをするという縁にたどり着いたわけである。
なんか、不思議に満ちた運命ではあるな。

入江監督の『SRサイタマノラッパー』、これ、今、むちゃくちゃ観たい。
予告編とかを観る限り、面白そうなんだ。入江監督は深谷出身で、東京で映画の道を進んできた。監督がずっと感じてきたコンプレックスなどが、色濃く作品に染めこまれているように思うのだ。

最後に、この映画のレビューを載せておくことにする。
評論家の森直人さんは、ある意味僕の気持ちを代弁してくれてました。

-律儀にもゲットーミュージックとしてのヒップホップ-

金もない、コネもない、退屈な田舎を抜け出す方法は音楽しかない。これがアメリカ映画ならかっ
こいい青春物語だ。なのになぜ『SRサイタマノラッパー』は、『8Mile』のようにはならないのか!?主人公のラッパーが、妹にもバカにされる実家住まいのニートのデブだからか?
そこで思う。筆者は和歌山という土地に生まれ、高校いっぱいまで実家に住んだ。
その18年間、すぐ隣の大阪が遠く感じられて仕方がなかった。電車に乗れば一時間あまりで中心街に入るが、しかし、“イメージとしての距離”が果てしない。その実感は、埼玉にとっての東京へとスライドできるだろう。誰に注目されているわけでもないステイ地元の自称レペゼンフクヤ市民が、ファッキン東京へ、そして世界へ届けこのライム、と叫んでも、リアリティのかけらもない無謀な遠吠えにしか聴こえない。だけど今の生活を捨て去り、不況の都会で自立の道に飛び込むほど、正直切羽詰っているわけでもない。
結局、どうしたいのよ?
まだ結構ぬるま湯の日常に浸れる日本の地方で、“県境を越える”ための根拠をつかむのは中々大変だ。そしてどうしたいのかわからない間は、ひたすら遠吠えするしかない。今は表現の場を手に入れた者たちも、「まともに働けよ!」と怒られながら、大衆食堂でラップしていたことがあるはず。いつか世界へ届くと信じながら。
森直人(映画評論家)
スポンサーサイト

コメント

No title

ブログ始めました♪
リンク貼らせていただきました。

江古田ってお店の値段なんでそんなに安いんだろうね。

2010/02/07 (Sun) 14:40 | じゃまこ #- | URL | 編集
コメントありがとうございます。

>じゃまこ さん

おーそうか。

最近、周りのみんながこぞってブログを辞めるか更新が止まってしまうかしていたので、思い切って、リンクを全部削除してしまったんだけど、またリンクを増やそうかしら。
とにかく、少しでも長く楽しませてくださいね。

江古田が安いのは学生街が多くかつ個人店が多いことでしょうね……なにげに狭い街だから仲間内で飲んだり食べたりしてもらいながら金がまわってるとこもあるだろうし。
そう考えると演劇界も一緒かも。
役者同士で演劇観たり観てもらったりしてノルマ稼ぐようなとこが……。

2010/02/08 (Mon) 02:18 | のび #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する