ON AIR#1475 残念無念。そして苦しい。

・テレビが壊れて、全然観られていないので、バイト先で知ったんだけど、朝青龍引退のニュースを聴いてびっくりした。
実力が落ちたとはいえども、まだまだ優勝できる力士であるにも関わらず……こんな形で現役生活に終止符を打ってしまうことが、まず、悲しい。
僕が祖父の影響で大相撲を好きになったころから、相撲界は朝青龍を中心に動いていたように思う。
ある意味、相撲部屋の稽古中の力士の急死や、やらせ問題など、たくさんの危機がありながらも、相撲が人気を保っていたのも、全ては彼のおかげだったのではあるまいか。
花は枯れて散るから美しい。朝青龍の花はまだ咲いているのに、不祥事が原因で引退してしまうのは、残念という以外の感情がわかない。


・アンタッチャブル柴田が無期限休養するという話は知ってるけど、TBSラジオの彼らの番組が僕は好きだったので、これまた残念な話である。
無期限休養の理由はよく分からないけれども、早いうちに戻って欲しい。


・咳が直らない。
病院の診療時間ってなんとかならないものか。
近所のって午前しか受け付けてないでやんの。


・バイトをしてたら、ゆとり先輩が、僕の知らない女性と来た。
この間の『村松みさきプロデュース!』以来である。
バイト先にチラシが置いてあるので、お帰りになるときにその女性に「タジマくんは演技うまいんですよ」と紹介してくれていた。
お世辞じゃない感じで、自然に「演技がうまいんですよ」と言ってくれたのが何より嬉しかった。

ちなみに、大熊クンのバンドが素晴らしいということもちゃんと伝えておきました。
大熊クン、もしこのブログ読んでるなら、感謝してよねっ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する