FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1460 送別会、カマネコニウムのことなど

フリートーク
  • comment0
  • trackback0
・お世話になっている事務所のマネージャーさんが、諸事情でおやめになることになり、本日が最終勤務だった。
その送別会ということで、稽古後、都内某所の居酒屋で呑んでいた。
役者でもないのに、何人もの人が送別会に駆けつけ、別れを惜しんでいた。いかにその人の人柄が素晴らしかったかがわかる。
僕はまだ入って間もないため、結果的に「短い間」にはなってしまったけど、その人が僕に与えてくれたものは、それでも大きかったと思う。彼女がいなければ今の僕はないというくらい。社会常識を知らない自分にいろいろなことを教えてもらったし、何よりオーディションにいたわけで、拾ってくれた本人でもあるからだ。
ライブもまだ観てもらえてないし、芝居も観てもらえてないけれど、いつか自分の晴れ舞台を観てくれることを信じて、その日のために少しでも上手くなりたくて、明日も稽古場へ向かうだろう。


・ちょうど僕の友人である黒猫殿が、後輩のやーゆーと組んでいるユニット、カマネコニウムが、江古田マーキーでの出演者オーディションに受かった。その話を聞いて、自分のことのように嬉しく、そして悔しく、嫉妬した。
自分がいかに行動できてないか、を痛感するばかりで、ただただ、羨ましいと思う自分が情けない。
一つの新しい世界への扉を開く瞬間に、僕も出会ってみたい。

闘っている人が、報われる瞬間って、本当にいいものだと思う。
自分も闘わねばならないのだと、誰かに言われているような気がするんだ。

これからも、応援しています。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply