FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1451 2009年よかった映画!

映画
  • comment0
  • trackback0
本日はあまり語ることがないので、2009年に観た映画の中から、これが僕の思う素晴らしい映画だというのを挙げておくことにします。

まず日本映画。
 
大阪ハムレット(2008 日本 107分 5/06 飯田橋 ギンレイホール)
おっぱいバレー(2008 日本 102分 4/23 新宿三丁目 新宿バルト9)
カイジ 人生逆転ゲーム(2009 日本 130分 12/6 新宿三丁目 新宿バルト9)
サマーウォーズ(2009 日本 114分 8/22 新宿三丁目 新宿バルト9)
色即ぜねれいしょん(2008 日本 114分 9/02 新宿三丁目 新宿バルト9)
重力ピエロ(2009 日本 119分 6/09 新宿三丁目 新宿バルト9)
南極料理人(2009 日本 125分 12/31 飯田橋 ギンレイホール)
フィッシュストーリー(2009 日本 119分 3/22 池袋 シネリーブル池袋)
ホッタラケの島 遥と魔法の鏡(2009 日本 99分 9/10 新宿三丁目 新宿バルト9)
ホノカアボーイ(2008 日本 111分 4/03 新宿三丁目 新宿バルト9)


今回はちゃんと映画館で観た映画で、ピッタリ10本選出しました。
五十音順なので、一番上だから一番優れている映画というわけではありません。
ビデオや録画を入れてもいいなら岡本喜八さんの『戦国野郎』や『独立愚連隊』は是非紹介したかったのデスが。

以下ヒトコト。

『大阪ハムレット』……関西ホームドラマとして傑作。
『おっぱいバレー』……脚本、岡田恵和さんの手腕。
『カイジ』……藤原竜也の最後の顔と、大森美香さんの大胆な脚本。
『サマーウォーズ』……期待を裏切らない面白さ。映画に必要なエンターテイメント全てがそろった傑作中の傑作。
『色即ぜねれいしょん』……向井康介さんの色って誰にも出せない。童貞を書かせたら日本一。
『重力ピエロ』……原作の小説よりも映画の方が面白く感じた稀な作品。相沢友子さんの脚本も好きです。そして何より、小日向文世さん。
『南極料理人』……堺雅人に尽きる。北海道を南極に見せる凄腕の監督は、出身大学が僕と一緒の若手でした。
『フィッシュストーリー』……音楽の本当の力ってなんなんだろう。音楽を愛する者には切ない映画。
『ホッタラケの島』……古き良きジブリのような、シンプルだけどがっちりしたストーリー構成。不覚にも涙。
『ホノカアボーイ』……いまどきの、ゆる系の映画だけど、ラストシーンに行くまでのたたみかけがイイ。


外国映画。
 
牛の鈴音(2008 韓国 78分 12/31 新宿三丁目 新宿バルト9)
消されたヘッドライン(2009 アメリカ/イギリス 127分 6/02 新宿三丁目 新宿バルト9)
サンシャイン・クリーニング(2008 アメリカ 92分 11/30 飯田橋 ギンレイホール)
人生に乾杯!(2007 ハンガリー 107分 11/28 飯田橋 ギンレイホール)
スラムドッグ$ミリオネア(2008 イギリス/アメリカ 120分 4/25 新宿三丁目 新宿バルト9)
その男ヴァン・ダム(2008 ベルギー/ルクセンブルク/フランス 96分 1/14 豊島園 湯ネイテッドシネマとしまえん)
チェンジリング(2008 アメリカ 142分 3/02 新宿三丁目 新宿バルト9)
ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008 アメリカ 167分 2/27 新宿三丁目 新宿バルト9)
レイチェルの結婚(2008 アメリカ 112分 8/18 飯田橋 ギンレイホール)
私の中のあなた(2009 アメリカ 110分 10/14 新宿三丁目 新宿バルト9)


世界にはまだまだ名画がたくさんあるようです。
結局、なんだかんだで、外国映画のほうが楽しかったかなあ。

『牛の鈴音』……邦題がいい。ドキュメンタリーはこうあるべき。
『消されたヘッドライン』……ラストのオチさえなければ、10年に一度の傑作エンタメ映画になっていた、と思う。とにかくあっというまの面白さ。テーマもやばい。
『サンシャイン・クリーニング』……脚本と役者がよすぎる。科白も生き生きしてるし、観ている人が少ないのが残念極まりないほどの愛に溢れた映画。
『人生に乾杯!』……無血の銀行強盗の話。素晴らしい脚本。ハンガリーの映画です。
『スラムドッグ$ミリオネア』……黙って号泣。
『その男ヴァン・ダム』……ヴァン・ダムの涙の独白に人生を見た。
『チェンジリング』……『グラン・トリノ』は個人的には好きではなく。監督だけやってる映画のほうがイーストウッドは好きかな。もっと彼の映画を観て学ぼうと思います。
『ベンジャミン・バトン』……これといって傑作、名作というわけではないんです。現在のシーンはあんまりいらないし……でも、なぜかいつまでも心に残ってる。人生とは? 死とは? そういうテーマから逃げてないからかも。
『レイチェルの結婚』……基本的に家族の話には弱いので。結婚式だけで泣けるってどういうことよ。
『私の中のあなた』……日本のテレビ界はこういう映画を観て勉強して欲しい。

以上こんな感じで。
ワーストは明日、書きますッ。
スポンサーサイト



Comments 0

Leave a reply