FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1450 うたごころ

音楽
  • comment4
  • trackback0
かかど

・御茶ノ水にて、先輩、南ゆうきのライブを観た。
所属する音楽事務所兼養成所? の企画するライブ。

ライブの内容の前に、このライブハウスが落ち着いた雰囲気のある、アコースティックな空間で、とてもよかった。もし何かの機会にここでやれたらいいなあと思う。
わりと一人ひとりの演奏曲は少なく、もうちょっと観たかったなあというのが印象に残った。

南さんの歌ですが、自作アルバム『ゴミの日』よりも、この日に歌っていた三曲が断然よく、特に三曲目の『東京』という曲は、そのタイトルから感じる普遍的な響きや、東京に対するイメージにも増して、自分の中の強くて悲しい想いを歌にしていて感動を覚えた。
「東京」という言葉の入った曲ってハードル高いと思うんだけどね。ミスチルみたいな、東京育ちの人が歌う明るめのトーキョーもいいとは思ったけど、僕はやっぱり、北海道から来た人が歌ってる切ないトーキョーのほうが染みたのだ。って、僕は埼玉生まれなのでなんとも言えないんだけど。

南さんの地声って割と低くて、独特で好きなんだけど、歌声はハイトーンで、ちょっと細い。
音楽の知識はない僕がいうのが言うのはなんだけど、もっと太い部分を高い音域でも出せるようになると、もっと響くような、気がするんだなあ。
あとね、まわりの養成所の出演者がみんな落ち着いてシットリしてたからなのかなあ。なんか南さんの佇まいが周りに合わせてる感じがして、もっとギラギラしたのを、観てみたかったのもある。

他の出演者は……南さん本人に会ったときに直接対談したい。
うーん、みんな上手く歌おうとすることだけに集中しすぎかなあ。
坂和さんという人は完成度はあったけど、「歌」というよりアレは「芸」であって……。
いろいろ感じることのあったライブ。『東京』はとにかく名曲だった。


・稽古があったので途中で帰って、都内某所で稽古。
役が正式に決まったわけだけども。

え、俺ダンスしないんじゃん。
ほっとしたような、ほっとしたような、ほっとしたような。

でもね、ビックリしたのは、若手はダブルキャスト当たり前な当劇団に初参戦した身にも関わらず、僕はシングルで役をもらったことである。
つまり、Aチーム出演する人はBチームには出演しない、またはBチームでは別の役をやったりする中、僕はどっちのチームでもおんなじ役をやるわけだ。
これは嬉しい。できることならたくさんやりたいし、一つの役に集中したいしね。
そのぶんプレッシャーはあるけど、主役で出ずっぱりというわけでは全然ないのだし、とにかく真剣さを忘れずに、心のフットワークを軽くしていこう。


てきさす

帰りに寄った下北沢のマックで買ったテキサスバーガー。
うむ。美味しい。
最近、なんでも美味しいんだけど。
スポンサーサイト



Comments 4

河  

努力と芝居への真摯な想いが届いたんだよ。多分。なんだかうちも嬉しいです!

2010/01/13 (Wed) 19:26 | EDIT | REPLY |   
南ゆうき  
No title

先日は、ライブに来てくれてどうもありがとう!
今度、対談しましょうね。

2010/01/14 (Thu) 19:55 | EDIT | REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>河

僕には才能もないし、面白いギャグもできないし、ダンスもアレだし見てくれもアレなんで、一生懸命さを売りにするしかないのよねえ。
努力っぽい努力は、いろんなものを見て読んで聞いて、うまくパクっていくしかないんだけどさ。

円谷プロダクションでもがんばってね。

2010/01/15 (Fri) 05:18 | EDIT | のびさん">REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>南ゆうき

こちらこそ、ありがとうございました。
いい曲聴けました。
これからも続けていきましょうね。
すべてはお客さんの感動のために!

2010/01/15 (Fri) 05:20 | EDIT | のびさん">REPLY |   

Leave a reply