FC2ブログ

Radio Wavelog -Contact Of Personality-

ARTICLE PAGE

ON AIR#1423 久しぶりにたっぷり書いてみました

フリートーク
  • comment2
  • trackback0
・所用にて赤坂へ。
シナリオ作家さんたちとお会いしてきた。

最近仲良くさせていただいてる作家さんが、僕の芝居を幾度か観に来てくれており、その縁が今も続いているのだ。
中でも、僕がやったオードリーを、先生はけっこう褒めてくださってるようで、僕を紹介するときに、「脚線美」という単語を使って、僕の美脚を宣伝してくれるのである。それをよろこんでいいのか悪いのかはわからないが、とにかく本当にいい方で、最近、演劇ばかりやっている僕が、今も映画をガンガン観たりしてるのは、単に僕のやる気だけが理由でなく、先生のお陰だったりするのだ。ひとえに、感謝感謝である。

久々だからか、自分の人見知りが災いしてなのか、顔をすっかり忘れられてると、やっぱり辛いもんがあるな。
このギョーカイ、試験とかでなれるわけじゃないので、顔を知ってもらうって、大事だからさ。

映画観て、懇談会して。
まぁチョット前よりかは積極的に顔を突っ込めたかもしれない。
ただの学生だった前より、まぁ一応、役者としてやっているんで、そういう目でちゃんと見てもらえたってことなのか。

まぁそういう、顔を知られるだなんだというのは、「あわよくば」の世界でして、結局は、映画が好きで、シナリオやりたくて、っていう人たちのための場にいけただけでもよかったし、すごく勉強になる場でした。


・ただ、名刺は作った方がいいよと、言われました。
名刺……どうやって作るのだ。
だいたい、肩書きはどうする?

「俳優、脚本家、ミュージシャン、居酒屋店員」

……。

最後の居酒屋店員は冗談として、なんだか、マルチタレントには程遠く、むしろ節操のなさ全開である。


・「単純だ」とバカにされるかもしれないけど、こういうとき、むしょうに書きたくなっちゃうんだなあ。
最近書く作業なんて、ライブ用の曲の歌詞ばかりだけど。
そろそろ、何か書く?
コンクールとか、舞台のホンとか。夏にお話を頂いたやつとかも、アタマにはあるのだが。

例えば三谷幸喜さんなんかは、学生時代から、どんな課題でも、アイデアが枯れるなんてない人だったらしいけど、しれは常に動かしてるからなんだと思うのですよ。
だから僕みたいに、書く前から「いい題材がないなあ」なんてほざく輩は、スランプなんじゃなく、頭を動かして書くのをいやがってただけなんだよね。自分で自分の思考に気づいてショックを受けてみたり。

たとえ、つまらなくても、ヘタでも、「やろう」と思うことがまず大事であって、そうしないと始まらないのだ。
常に「やろうやろう」と思えることを大事にしよう。だから、いつかやりたくなくなるまではステージに上がりたい。


・年が明けて1月9日に、音楽のライブに出ないかという誘いがきた。
江古田のクラブドロシーからの依頼。
うーん。
個人的にはやりたい。が、2月の公演の稽古に支障が出そうで、とりあえず保留になった。
また数日後電話くれるらしいけど、出るor出ない? どうしよう。


・最近、気づいたのだけど、びっぐろーぶの画像検索はすごいよ。
みんなもナルシスト気分で、自分の名前で検索をかけてみるべし。
スポンサーサイト



Comments 2

河  

うちも役者さんからたくさん名刺を貰うけど、みんな肩書きとかは書いてないものが多いよ!

舞台俳優って肩書きは若手は使わないほうがいいのかもね。早いってことなのかな。

名刺は簡単なものなら、名刺屋とか名刺販売機で作れちゃうけど、役者さんは個性が大切だから、うちが貰う名刺はみんなオーダーメイドの個性派名刺が多いよ。

今度名刺見せてあげるよ。

2009/12/15 (Tue) 09:41 | EDIT | REPLY |   
のび">
のび  
コメントありがとうございます。

>河

そういえば、君も持っていたね、名刺。
前にも河に話したかもしれないけど、名刺ってなんとなく抵抗あった時期があった……。

名刺販売機? そんなものがあるんだね。
情報ありがとう。

2009/12/16 (Wed) 03:07 | EDIT | のびさん">REPLY |   

Leave a reply